FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】月曜日の夜

スポンサーリンク



以前住んでたマンションの一室。

場所ははっきり書けないけれど、
大雑把に言うなら新宿・渋谷とも徒歩で行ける場所。

駅は2路線使用可、
歩いて5分もかからない。

周辺は閑静な住宅街、
しかも緩やかな丘の上に建つ5階建てマンションの最上階。

眺望は抜群で赤坂あたりまで一望できる。

間取りは2DK。

日当たり良好な大きな窓に、
結構広いベランダ。

屋上は出入り自由で、
夜になるとまるでデートスポットさながらの夜景が見れた。

そんな好立地にもかかわらず、
家賃は相場よりも5万ほど安い。

【じわ怖】石鬼神様

スポンサーリンク



母の話。

あまりくわしくは書けません。

ご了承下さい。

名前も仮名です。

母は幼少の頃は徳島の山奥の村に住んでました。

その日は親戚が集まり大事な話があったみたいだったので、
母と兄は隣の部屋に先に寝かされました。

しかし、隣が気になり寝付けずにいると、
隣から祖父の声が聞こえてきました。

「洋子(母の名前)はまだ若いから、
石鬼神(イオキ)様のご機嫌がとれんやろ。
今やったら晴海(母のいとこ)やで」

母は意味が全く分からなかったのですが、
助かったと思ったそうです。

【じわ怖】英語の授業中

スポンサーリンク



俺が中学の頃の体験。

俺がいたクラスは、
その日最後の英語の授業をうけていた。

その頃は夏前で、
クーラーがないウチの学校はすごく蒸し暑かった。

しかもその日は雨がふっていて、
外は異様に暗く、
いつ雷が鳴ってもおかしく無い天気だった。

そのせいか、
クラス全体が寄り添うような雰囲気だったのを憶えている。

その日の英語の授業は、
自分の事をスピーチするというものだった。

壇上にはちょうど友達のKが立っていて、
俺達が野次をとばす中、
そいつはつたない英語でスピーチをはじめた。