fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

【じわ怖】大切な電話

スポンサーリンク



俺が大学2年の時の実話です。

その日のことは、
十数年経った現在でもはっきりと覚えている。

その日、朝起きると、

『今日は絶対出かけちゃダメだ。
大事な電話がかかってくるぞ』

と、何の根拠もないのに、
なぜか強い確信が胸の内から沸きあがってきた。

なぜか分からない。

でも俺はその予感を信じて、
大学の講義を自主休講し、
自分の部屋まで電話コードをのばし、
かかってくるあてのない電話をじっと待っていた。

お昼過ぎ、1本の電話がかかってきた。

【じわ怖】疎開先の神社

スポンサーリンク



叔父の話を一つ語らせてもらいます。

幼少の頃の叔父は、
手のつけられない程の悪餓鬼だったそうで、
疎開先の田舎でも、畑の作物は盗み食いする、馬に乗ろうとして逃がす等、
子供達のガキ大将を自負するようなDQNでした。

さて、その疎開先には、
地方にしては大きな神社がありました。

「今となっては何を祭っていたのかもわからん」

だそうですが、桜の木が何本も植えられていて、
春ともなれば正しく満開の桜が見物できたのでしょう。

また、聖域とでも言うのでしょうか。

「子供達がむやみに近づいてはならない」

という、暗黙の了解があったようです。

【じわ怖】工事現場みたいな所

スポンサーリンク



俺の親父は教師で、
俺は小学校二年まで教員住宅に住んでたんだ。

俺のウチの裏は林になっていて、
そこに『そこなし沼』って
俺らの間で呼ばれてた沼があったんだ。

ほんとはちょっとした水溜りのようなもんだったんだけど、
その周りではクワガタがたくさん捕れるんで、
よく友達と遊びに行ってた。

ある日の事、
いつものように友達とクワガタ捕りに行くと、
その沼の奥になにやら白い人影が見える。

白いワンピース着た中学生くらいの女の子。

普段人気のまったくない所だし、
道なき道を泥まみれになりながら進まないと来れないような場所だってんで、
不信に・・・は思わなかった^^;