fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】セブン

【じわ怖】セブン

スポンサーリンク



突然だけど、
俺アルビノを知らなかったんだよ。

小学校のときバーちゃんが病気になって、
看病のためにかーちゃんと夏休みの間お里で過ごすことになった。

良く知らない土地で長期過ごすのは初めてだったから浮かれてたんだけど、
友達とかいないから、だんだん面白くなくなってきちゃったわけで…

海辺の岩場とか
普段入れない(危ないから立入禁止になってる)所を探索して、
一人で秘密基地とか作ってた。

ある日、秘密基地に行くと、
誰かが基地の中で俺が持ち込んだウルトラマンを触っていた。

「俺の物にさわんな!!」

って怒ると、
そいつは髪も眉毛も真っ白だったんだ。

宇宙人に見えたんだよ俺。

ガリガリで目は赤かったし血管浮き出てて、
全体的に肌が青く見えた。

それに夏なのに、
長そで長ズボンの変なシルバーのスウェットを着ていたからだ。

今思えば脳障害者だったんだろう。

見た目は大人だったけど、
うまくしゃべれてなかったからね。

俺はそいつをセブンと呼んでいた。
(俺のウルトラマンセブンを片時も放さなかったから)

何にでも頷くから、
俺が宇宙人?と聞いた時もうんって頷いたから、
宇宙人だと信じてたんだ。

セブンはへんてこな歌を歌っているだけで会話が成り立たなくって、
イライラさせられたが、
まだ言葉を覚えてる途中なんだ、と勝手に解釈していた。

セブン「ゆ~らら~ゆ~らら~ドッカンピカピカ♪」

俺「へんな歌ー」

セブン「揺れるのは好きだけどピカピカは~やだ~やだ~」

と歌った日の夜、
大雨が降って雷が鳴ったあと地震が起きた。
(小さいのね)

セブンは予知能力があったんだと思う。

そーゆーのが何回かあってさ。

かーちゃんが香水のビンを無くして
俺が持ち出したと疑われてたときも、

(そのビンはデザインがカッコよくて、
俺がよく遊びの小道具に使っていたから)

セブンの歌でベットの隙間から見つかった。

ケガとか事故も歌い当ててた。

宇宙人だからだと思っていた俺は、
そんなに不思議がっていなかったが。

そんなセブンとも別れがあった。

「セブンは人間に成りきっていないから俺が手伝ってやる!」

と言って、
かーちゃんの化粧道具で顔を塗りたくって、
髪の毛に黒い絵の具を塗った。

俺はこれで宇宙人だとばれないだろうと思い、
そのままセブンを連れて公園で遊んでた。

その次の日からセブンは秘密基地に来なくなってしまったが、
俺は宇宙に帰ったのだろうと思っていた。

多分、親御さんがいじめにあっていると勘違いしたんだろうなぁ。

申し訳無いことしたと思っている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6588-b959bd6a