fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】予感

【じわ怖】予感

スポンサーリンク



バイクで田舎道を飛ばしてた時の事。

カーブの手前で車数台とすれ違った直後、
なぜか突然

『ここはやばい』

と思った。

別におかしなところは何もない様に見えたのだが・・・

ゆっくりとカーブを抜けたら、
なんとカーブの直後で車が事故を起こしており、
警察が事故処理を行なっていた・・・。

やばいと感じなかったら、
そこに突っ込んでいたかも。

(もっとも、田舎道でかつバイクなので、
よけるのも簡単だった気がするが)

というか警察!
カーブの手前に三角マークか何か置けよ!

ちなみに、
こういうバイクに乗っていて嫌な予感は他に何回か体験しており、


『何か嫌だな』

と思ったら躊躇無く減速している。

当たらない事も多々あるけどねw


ぱっと思い出せるだけで、


1.何故か、2階の窓枠からガラスだけが外れて落下。
肩に刺さり大怪我。(5歳くらい)

2.どんぐりを落とそうと木を揺すったら、
何故か木の枝に乗っていた大石が落下。
頭部に命中し出血。
(幼稚園くらい)←これは自業自得かも

3.祖母ちゃんが亡くなり、
仏壇に線香をあげようとしたら、
何故かろうそくの火が俺の頭の髪に燃え移った。
なんで?(小2くらい)

4.ソフトボールの大ファールがビル間の僅かな隙間を抜けて、
たまたま歩行中だった俺の後頭部に命中。(小4くらい)


こういった危機を回避するべく、
勘が発達したのかもね。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6574-a099bf95