fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】何かの怒り?

【じわ怖】何かの怒り?

スポンサーリンク



京都の愛宕山方面でキャンプしたときの話をば。

学生のときです。

夏の終わり、
下手したら尻の穴舐められるくらい仲の良い友人(オス)二人と、
二泊三日のキャンプへ行きました。

人里はなれた山奥、
地主の許可無しでは入れない山でもありましたので、
(俺は地主じゃないよ)

本当に男三人きり、
時間が進むにつれテンションもあがり、
ついみんな飲みすぎてしまいました。

しまいには三人とも

「裸族!」

とか言いながら全裸で過ごす始末です。

今思えば、
これが何かの怒りをかったのかもしれません。

事件は二日目の晩飯時に起こりました。

三人の中で料理ができるのが俺だけでしたので、
飯は俺が作ります。

その日はすき焼きでした。

肉を焼いたところで料理酒がないことに気付き、
俺は真っ裸でハンモックに揺られるAに、

「取って来て」

と言ったんですが、Aは

「嫌や」

と言います。

ここで断っておきますが、
Aは普段異常なほど気のいいやつで、
常のAならまず持ってきてくれたはずです。

俺は

「機嫌でも悪いのかな」

と思いながら、
テントのクーラーボックスまで料理酒を取りに行きました。

距離にして5m、
時間にして20秒くらいです。

テントではBが寝ていました。

帰ってきて驚きました。

鍋の肉がきれいに無くなっていたのです。

俺はなぜかAが食ったと確信し、
Aに詰め寄りました。

少し考えれば分かるのですが、
火にかかったままのアツアツの牛肉を、
しかも学生三人分ですから結構な量です、

それを20秒足らずで平らげられるわけがありません。

さらにAはいいやつです。

そんな卑しい真似はするはず無いのです。

「お前が食うたんか」

Aは何のことか解らないという顔で俺を見返します。

当然です。

事実Aに食えるはずがありません。

「肉なくなっとるやないか」

激昂する俺に対し、
Aはニヤニヤ笑いながら

「知るか」

と言いました。

俺は普段のAからかけ離れたこの態度でさらに激昂し、
こいつ殺してやろうかとまで思いました。

またまた断っておきますが、
この時の俺は明らかに異常で、
自分自身、感情が一人歩きしているのを感じていました。

肉ごときで何を怒ってるんやと、
ボ~っと考えていたのを憶えています。

(ちなみに俺はシラフでした。元々飲めないのです。
ついでに告白すると、シラフで裸族は俺だけです)

おれは舌が回らずに不明瞭な言葉でAを怒鳴りつけ、
AはAでニヤニヤ笑いながら
「ハァ」とか「ヘェ」を繰り返します。

ここでBがこなかったら、
俺はそのへんの石でAを殴り殺していたかもしれません。

Bは

「どないしたんや」

と半ば怒鳴りましたが、
その時の俺にはどうでもよく、
Aも無関心な様子でした。

俺は最早勝手に口が動くような状態で、
何を言っているのか自分でも分かりませんでした。

本格的に意識が遠のいて行き、
気が付けば服を着てポリタンクを持ったBが目の前に立っていました。

ここからはBから聞いた話です。

何かわめき声がするのでBが見にきてみると、
裸の凄い人相のおっさん二人がわめきちらしていたそうです。

Bによると、俺は

「縦になるんじゃないか」

と思うほど目が釣り上がり、
Aは口の端が裂けそうな勢いでニヤニヤしていたそうです。

とにかく

「こらあかん」

と思い、
テントに戻り服を着て、
俺とAに水をぶっかけたそうです。

結局、予定を繰り上げ
その日に下山しましたが、
帰りの車でBは、

「人間の顔じゃなかった」

と言っていました。

以来三人のつきあいは続いていますが、
とりあえずキャンプで全裸になるのは止めました。

皆さんもお気をつけを。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6541-3e6841ba