fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】喘息の発作

【じわ怖】喘息の発作

スポンサーリンク



たった今、不可解な体験を思い出した。

というか、不可解な体験をしていたことを知った。

さっき母親とリビングで話してて、
私が小学校の頃の話になった。

私は小児喘息もちで、今はもう治ったけど、
小学校低学年のときはしょっちゅう発作を起こして
大変だったわー、なんて。

それ自体は今までも普通に話題にしてたことなんだけど、
ふと母親が思い出したように、

「そういえばお姉ちゃんも、
1回だけ喘息みたいな発作起こしたことあったね」

と。

私は全然憶えてなくて、

「それっていつ?」

と聞いたら、
私が小学校2年くらいの時だと。

夜いきなり

「ひゅーひゅー」

言い出して、
私はともかく姉がそんなふうになるのは初めてだったから、
母はびっくりして、父に電話をかけたんだと。

で、そこで

「かな(姉の名前)が喘息の発作みたいなの起こして…」

って話したら、いきなり姉が

「かなと違う!私はなな!(私の名前)」

って叫んだんだって。

それ聞いて私はびっくり。

なぜなら、それは『私の記憶』だから。

あるとき喘息の発作を起こして、
すごく苦しんでたら母親がやたら動揺して、
(私の発作になんて慣れてたはずなのに)
父親の会社に電話したことがあったのね。

で、電話をかけて言うにことかいて、

「かなが喘息みたいな…」

って。

私は苦しい中でも、
名前を間違えられたことがすごいショックで、
大声で(自分でびっくりするくらい大声だったと憶えてる)

「かなと違う!」

と叫んだ…

それはまぎれもなく『私の行動』で、
『私の記憶』。

「お姉ちゃんと私、間違えてるんじゃない?」

って母親に言っても、記憶違いなわけない、
あの時は本当にびっくりしたんだから、と譲らない。

で、子どもだった私の方の記憶がおかしいのかな、
と無理に納得しかけたさっき、姉が帰ってきた。
(看護婦なので仕事上がりが遅い)

流れで姉にその話をすると、
姉も憶えてた。

しかもなんと、姉いわく、

「ななちゃんが発作起こして、
まただーと思ってたら、
お母さんが泣きそうになって、
ななちゃんに『かな大丈夫?大丈夫?』って言ってて、
お母さん名前間違えてるよーって思ったの」

これは…

1.母親の記憶違い
2.私たち姉妹が揃って記憶違い
3.私たち姉妹が入れ替わっていた…?

答えはどれなんでしょう。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6511-e1e28210