fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ドラえもんの未来

【じわ怖】ドラえもんの未来

スポンサーリンク



私が小学校三年生位の時の話です。

その頃とても仲よしだった、
きよみちゃんという女の子がクラスにいました。

彼女と私は、
毎日のように学校が終わるとお互いの家を行き来しては、
ふたりで遊んでいました。

その日は彼女の家の台所のキッチンテーブルで、
ふたりでドラえもんを読んでいました。

その内容は、ドラえもんがのび太に、
切抜き絵本のようなものを出していました。

それには、ケーキやおかし、車など色々なものがあり、
切り抜いて組み立てると、本物のように食べれたり、
乗れたりするというものでした。

きよみちゃんと私は早速

「おもしろい!まねしてみようよ!」

と、画用紙やハサミ、色鉛筆を持ち出しました。

もちろん、
本物になることなどありえないと理解できる年齢でしたが、
とても楽しかったのを覚えています。

そして日も暮れかかり、
私が家に帰らなければいけない時間になりました。

きよみちゃんはいつもそうするように、
玄関の外まで私を見送りました。

そのとき、きよみちゃんが言いました。

「ぶるぶるちゃん。
今日のこと、大人になっても忘れないで」

私はきよみちゃんがいきなり変なことを言うのには慣れていたのですが、
そのときは彼女の様子がいつもと違うので、
なんでー?と聞き返しました。

今こうしてふりかえると、
確かにあの日のきよみちゃんは、
いつもと雰囲気が違ったような気がします。

きよみちゃんは続けました。

「今日の私、32才の私なんだ」

ますます私には訳が分かりません。

でも彼女は続けます。

「2002年だよ。32才。
ぶるぶるちゃんのこと思い出してたら、
心だけが子供の私に飛んでっちゃった」

はっきりいって、
聡明とはほど遠かった(今もね)子供の私は、
なんだかわからないけど、
2002年といったら超未来で、車なんか空飛んでたりする、
という考えしかないくらい遠い遠い未来。

「ふーん。ドラえもんの未来からかー!」

なんて、ばかな受け答えしかできませんでした。

きよみちゃんはそんな私を笑いながら、

「それが全然!マンガの世界とはちがうよー」

と言いました。

そして私ときよみちゃんは、
また明日遊ぶ約束をして別れました。

今考えると、
なんであのときもっと問い詰めなかったんだろう、と後悔しますが、
なんせ子供だったし、きよみちゃんも私と同様、ドラえもんの影響で、
ふたりでよくSFチックなことを夢見ていたので、
別にきよみちゃんが私に言ったことが、
そんなに変とも思わなかった。

翌朝、学校に行くと、
いつものようにきよみちゃんが私に話しかけてきます。

まるっきりいつものきよみちゃんでした。

そして私もまた、
きよみちゃんが私に言ったことなどすっかり忘れて、
そのまま毎日が過ぎて行きました。

そして私たちは5年生になり、
それと同時に私は地方へ引っ越すことになりました。

そしてそのまま、
きよみちゃんと二度と会うことはありませんでした。

今年、2002年。

私は32才になりました。

そしてハッとします。

あの日のきよみちゃんの言葉を思い出して。

もしかして、もしかして、もしかして…と。

私はその後も引っ越しを繰り返し、
今では海外在住です。

きよみちゃんを探したいのですが、
結婚してれば名字も変わっているだろうし、
どうやって見つけられるか。

あの頃の私は片親だったので、
(当時はまだ珍しく、世間からは白い目で見られがちだった)

「ぶるぶるちゃんと遊んじゃだめよ。片親なんだから」

と、思いっきりよその子供の親が、
私の目の前で言うなんてことも珍しくなかったし、
大嫌いだった先生にも、

「片親だからね。
目つきも悪くなるんだろう」

と言われたこともあった。

そんな中、
きよみちゃんだけが私の友だちで、
子供時代の唯一の理解者であったと思う。

会いたいと思う気持ちがそうさせたのか、
2週間ほど前に“あの日”の夢を見た。

あの日と同じ、
きよみちゃんのおうちの台所。

キッチンテーブルいっぱいに画用紙と色鉛筆。

私が自分の家から持ってきたコロコロコミックが二冊置いてある。

(当時コロコロコミックは結構高価だったので、
私ときよみちゃんはかわりばんこに買って、
ふたりで回し読みをしていた)

台所からは6畳ほどの居間が見え、
きよみちゃんのお母さんが、
緑色の座椅子に座ってテレビを観ている後ろ姿が見えます。

本当に何もかもが、
私がこの夢を見るまで忘れていたことまでが、
はっきりと目の前にありました。

きよみちゃんがケーキの絵を画用紙に描いて、色を塗り、
私はその横でハサミを持って、
きよみちゃんが描くケーキを見つめています。

私は夢の中で、
『これは夢だ』と自覚していました。

きよみちゃんが、
ふと手をやすめて私を見ます。

そのとき、私は彼女に言いました。

「きよみちゃん。
今日の私も、32才!」

きよみちゃんはびっくりした顔をしたと思うと、
私を見つめて言いました。

「忘れなかったんだ。ぶるぶるちゃん…」

きよみちゃんは半分泣き笑いような表情です。

私も泣きそうになるのをこらえながら言いました。

「ドラえもんの未来じゃなかったねー!」

そして、ふたりで泣きながらも大笑いしました。

そして…私は目が覚めました。

32才の私の体で。

私は泣いていました。

ただの夢だったと思う。

でも私は、時空を超えて、
あの時のきよみちゃんに会いに行ったのだと思いたい。

きよみちゃんがそうしてくれたように。


こうやって文章にすると作り話くさくなるね。

ちなみにこの話、誰にも話したこと無いよ。

するつもりも無い。

不思議なのは、
32才になるまで彼女のことをすっかり忘れていたということ。

だって、一緒だった期間は多分2、3年だけだし。

私の見た夢は、
多分きっと私の気持ちが見させたものだと思う。

だけど、あの日のきよみちゃんは、
本当に2002年の私って言ったよ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6476-ff86b218