fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】自然のなかで生きてる

【じわ怖】自然のなかで生きてる

スポンサーリンク



もう10年以上前に死んだ祖父に聞いた話。

霧雨が音もなく降りしきる梅雨のある日、
祖父は田んぼに出て作業してた。

今でも同じだけど、
祖父の家は糞がつくほどの田舎にあり、
周囲は田んぼだらけ。

隣の家まで100メートル以上は離れてるようなとこだ。

祖父がふと顔を上げると、
向こうの○○さんの家のほうから誰か歩いてくる。

田んぼの中の畦道を黒い傘をさして、
ゆっくりとこっちに向かって来る。

距離が縮まるにつれて、
それが○○さんちのお父さんだってことがわかった。

祖父は作業の手を止めて

「○○さん、うちに何か用ですか?」

と声をかけた。

でも○○さんはその呼びかけに全く反応せず、
真っ直ぐに前を見て歩き続ける。

もう一度声をかけてみるが、
やはり反応はない。

不思議に思って見ていると、
○○さんはそのままゆっくりと歩みを進め、
開けっぱなしになっていた裏口から祖父の家に入っていった。

少ししてから祖父は作業を中断し、
家に戻ることにした。

裏口の敷居をまたぐと、
すぐそこに青ざめた祖母がいた。

「○○さんが来ただろ。
何か用事でもあったのか?」

「ついさっき電話があって、
○○さんのお父さん、
亡くなったって…」

ド田舎だからかどうかは知らないが、
こういった話は何処にでも転がってるらしい。

怖いっつーか不思議だねっ!


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6429-f2d1135f