fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】小柄な女の子

【じわ怖】小柄な女の子

スポンサーリンク



特に落ちもないし結局なんだったのかわからないんで
怖くないかもだけど、
自分的に不気味だったんで書いてみる。

私は商業高校に通っているんですが、
資格を取るために休みの日にも
学校に出向かなきゃいけなかったりで
結構面倒くさい。

で、今日も学校にいって
プログラムの授業を受けたんです。

一階の端にある教室で授業を受けるのですが、
そこの窓からはプールやら体育館やら
別館(柔道等をするところ)やらがよく見えて、
退屈になるといつもボーっとその景色を見ていたんですが、

さすがに冬休みだけあって人は少なく、
(体育館にバレー部が数人いるくらい)
別館やプールは使われていませんでした。

っていうか体育館以外は
冬休み中全部封鎖されているんです。

入れるのは体育の先生ぐらい。

で、そこで気づいちゃったんだけど、
別館の二階の窓に誰かいる。

遠めに見ただけだから詳しくは分からないけど、
小柄な女の子だった気がする。

窓に張り付くようにこちらを見ているので、
この教室に知り合いでもいるのかな?とも思ったけど、
明らかにうちの制服ではなかったから、
おかしいなって思うのと同時に不気味だった。

なんだか怖かったので隣の友達に教えた。

そこで

『え?私には見えないけど?』

とかなったらおばけ決定なので、
泣いちゃってたと思うけど、
友人にも普通に見えたから安心した。

友「あ、本当だ。えーなんで??」

私「ね?変でしょ?」

友「変だわ。部屋明かりついてないしねぇ」

私「ねぇ。なにしてるんだろ…」

ここまではよかったんだけど、
その子について話しているうちに
かみ合わない部分が出てきてしまった。

友「手になんか持ってない?」

私「ちょっと!あんま見てると目あっちゃうよ」

友「会うわけないじゃん」

私「えーでもなんかずっとこっち見てるし…」

友「は?」

私「え、なに」

友「こっちみてんの?」

私「え、見てるでしょ?こっち」

友「…ずっと上みてるけど」

私「・・・・」

結局なんだったのか分からなかったけど、
授業終わるまで怖くて窓見れなかったよ…。

幽霊だったのかな。

もしかしたら普通の人かもしれないけど、
人によって見え方が違うってのがすごく不気味だったから
投下しました。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6403-946eb22b