fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】お節介な母親

【じわ怖】お節介な母親

スポンサーリンク



実家の近所に超貧乏な母娘家庭があって、
周りの人達からちょっとハブられてたんだ。

でもうちの母親はお節介だから、
たまに様子を見に行ったりしててさ、
そのうち娘さんが体調を崩したとかいう話があって、
しばらくしてうちの母親がまた様子を見に行ったんだけど、
鍵がかかってて誰もいないらしい。

で、うちの母親は心配になって
(田舎もんだから出来る所業なんだけど)
庭に回って窓から覗いたらしい。

そしたら布団が一組敷いてあるだけで誰も寝てないし、
人の気配もしないから、
入院してるんじゃないか?って話になったわけ。

入院してるならいっか~って、
すっかり忘れてたら、
その年の夏休みに、
そこの家に救急車やらパトカーやらがきてて
大騒ぎになってんだ。

なにがあったんだ?!ってビビってたら、
うちの母親が通報者だったらしい。

母から聞いた話によると、
家で洗濯してたら小学生が叫びながらうちに来たらしい。

何事かと思ったら

「死体だ!死体だ!ミイラだ!」

と言っている。

その小学生に連れられて来たのがその母娘ん家。

ガラスが割れてて(それは小学生がやったらしい)、
割れてる窓は鍵も開いてる(これも小学生のしわざ)。

母が中に入ると物凄く臭い。

で、見つけたのが布団の中で死んでる娘。

布団は敷いてあるだけじゃなくて、
ちゃんと娘が寝てた。

ただ、娘がガリガリになってて(死因も餓死)
布団に厚みがなかったから気付かなかっただけ。

母が最後に覗いたときは
まだ生きてたかもしれなかったって母が泣いてた。

ちなみに、その家の母親は行方不明。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6395-43650d3e