fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】よく見えるお婆さん

【じわ怖】よく見えるお婆さん

スポンサーリンク



うちの地域は浄土真宗多いせいか清め塩はない、
でも近所では塩は必ず使うよ。

近所によく見える?お婆さんがいて、
子供がいなくなったとか、お婆さんに聞くと、

「今〇〇に、田代(仮)の孫といる。
〇日、朝帰ってくる」

〇〇は都会で、
こちらから出てるバスや電車は
乗り継がないと行けないところ。

電車やバスに仮に乗るところを見たとしても、
どこに行くか分からない。

お婆さんが言った朝に、
〇〇の孫と帰ってきた。

他には、

「△△の嫁は病院連れていけ。腹に病気がある」

これはw△△家の奥さんが元気すぎるくらいで怒ったけど
一応病気に行ったら悪性腫瘍見つかったり、

「〇〇の家は、この盆は川に行け山はやめろ」

普通逆でしょ?

だから〇〇さんは聞かなかったけど、
キャンプ張りに遊びに行った先でお子さん一人亡くした。

外したことなかった人。

普段は農作業してる婆で、お金は取らない人。

この婆ちゃんが、

「葬式に引かれて余計なモノが来る。
だから家に入る前に、必ず塩まいて塩引いてから入れ。
(亡くなった)家族は心配せんでも帰ってくる」

と言ってたらしいので、やってるよ。

新規で引っ越して来た人で、
近場からだと清め塩を使わない人もいるんだけど、
他の家の厄をもらってるような感じで、
こちらは安泰だけど悪いねって思う時もある。

新規の家の不幸を見て、
年寄りは葬式でなくとも塩を引くようになったよ。

このお婆さんには、
私も世話になったことがあった。

独身の時に、都会()のほうで就職していて、
凄く好きな人がいて、
休みに帰省した時お婆さんに話した。

お婆さんは、

「その男は△△の次男」

当たってる。

家族や友達にも話してない事。

「この男は無理だ。おまえには無理。
好きな女がいる、一途な男」

これも正解。

同じ職場のフロア違いに、
彼が大学時代からずっと片思いしてる先輩がいた。

先輩は可愛らしくて、
私じゃ無理そうだったけど、
彼が好きであきらめられないって泣いた。

そしたら婆ちゃんが、

「しかたないな。
おまえは強情だから何とかしてやる。
一度だけだ。〇日の夜△△に行け」

これでうまくいって、今は旦那。

絶対無理だ、でも・・・と思ってたから、
婆ちゃんには感謝してるよ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6368-8cbf1eb5