fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】焼身自殺

【じわ怖】焼身自殺

スポンサーリンク



中学1年の時、
団地の友人Aの家で遊んでたら焦げ臭い匂いがして
壁から煙が染み出してきた。

隣が火事だと察したAは妹に

「一個だけ大事なもの持って逃げろ」

と言いながら
自分は通帳や印鑑が入ったタンスの引き出しの1段を抜取り
外に出た。

小学生の妹は
ハムスター持って泣きながら付いてきた。

一度廊下に出たんだけど、Aが

「やばいベランダに灯油缶がある」

と部屋に戻った。

まだ、炎とか見えてなかったから
俺も一緒に部屋に戻りベランダに出た瞬間、
隣から人が火だるまになって出て来た、焼身自殺だった。

動きが止まる俺とA。

次の瞬間、
火だるまの人間がこっち向いた。

のたうち回るわけでもなく
割りと普通に目と目が合った時、
俺は結構冷静で

「人間って燃えてても目つぶらないんだ」

とか思ってた。

Aの悲鳴というか
怒声みたいな声を聞いて我に返り
ダッシュで部屋を脱出した。

結局、Aの部屋は
消防の放水で水浸しにはなったが
燃えずにすんだ。

一番怖かったのは、
逃げ出したあと気付いたんだが
向かいの棟の階段の踊り場で
指を指して笑ってるヒトが居た事だ。

火だるまの人の奥さんだった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6232-edc62cdf