fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】林間学校で肝試し

【じわ怖】林間学校で肝試し

スポンサーリンク



小学5年生の頃の話。

その日は林間学校でした。

皆で作るご飯、お泊まり、
とくれば後は肝試し。

男3女3の六人グループで
森の中を懐中電灯だけで散策して宿舎に戻る、
といったありふれたヤツでした。

その森は地元では自殺の名所と名高く、
昼間でも足を踏み入れたくない場所です。

よりによって私は
しんがりをつとめるハメになりました。

途中で先生たちが潜んでいて、
度々私たちを脅かして来ました。

これが意外に怖かった。

そしてゴール近くの目印である
小川と小さな橋に差し掛かった頃、
私はこの日一番の恐怖を味わいました。

何かにつられるように橋のそばにある大木を見上げると、
明らかに首吊り死体と思われるモノが静かに揺れていました。

前をいく友達は気付いていない様子。

私は、
きっとアレも先生達がしかけたモノに違いない、
と思い込んで、
その場を足早に後にしました。

宿舎の明かりが見え始め、
皆の緊張の糸が緩みきった頃に、
最後の脅かし役が近くのサトウキビ畑からヌルっと現れました。

白い着物をきたソレはうつむいていて顔は見えませんでしたが、
『こっちへおいで』と手招きをしていました。

今までとは質の違う脅かし方で、
妙に不気味でした。

私達はワーキャー言う事もなくその場を走り去り、
宿舎に駆け込みました。

「最後のが一番怖かったね~」

と話しながら、
先生たちに文句を言うと、
先生たちの顔色が変わりました。

「そんな役いない」

と。

担がれてると思った私は、
先にゴールしていたグループや
後から来たグループにも話をしましたが、
誰も見ていない…

うすら寒くなってきた私は、

「じゃあ橋のそばの首吊りは?」

と先生達に聞きました。

それがトドメになったように、
先生たちは肝試しを中止しました。

後日、ユタのおばさんが家に祈祷をしにきました。

手招きの話をすると、

「それはこんな感じだった?」

と、招き猫の要領で手を動かしました

私がうなづくと、

「それは『こっちへおいで』じゃなくて、
『こっちへ来るな』って意味だよ」

と言っていました。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6228-040f3f61