fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】変な落とし物

【じわ怖】変な落とし物

スポンサーリンク



社会人ドロップアウトして、
1年ぐらいブラブラしてたんだけど、
何かしなきゃと思い、
いい年こいてコンビニバイトなんて始めたのさ。

「将来自分でコンビニをしてみたくて、
勉強させていただきたい」

的な事面接で言ったもんだから、
そこのオーナーが真に受けて、
俺を深夜店長で雇ってくれた。

で、嘘から出た真というか、
それなりに真面目にやってたんだよ。

うちの店はDQNの溜まり場として有名で、
俺は自分がシフトに入ってない時は、
近隣のコンビニも含めて見回りするのが仕事みたいになってた。

夏休みが近くなればなおさらね。

いつもは警察やPTAの団体と一緒に行ったりするもんだけど、
その日は小雨が降ってたんで、
俺一人でタバコ買いに行くついでに、
傘さしてテクテク歩いて行ったんだ。

で、その帰りなんだけど、
歩行者用と二車線に区切られてる地下道?みたいなところがあって、
そこの歩行者用の中腹ぐらいに、
3つほど袋が置いてあるのが見えた。

落し物か?と思い近づいて中身を見たら、
CMでやってるようなギフト用のハム、
少し高級そうなブドウ、
ユニクロの袋に新品のジーパンとノースリーブ、
後、固く丸結びされた中身不明の無地のビニール袋。

誰かが何かの事情で、
後で取りに来るつもりで一時的に置いたのか、
落し物というには不自然すぎるし、
捨ててあるにしてもなんだかなぁ…という感じだった。

食材も入ってる上に、
雨に濡れないようにか、
わざわざ地下道の中腹にまとめて置いてある。

腐ってる訳でも無いし、
ゴミという感じじゃない。

で、警察に持っていくのも面倒臭いし、
深夜だし…ほっときゃいいんだけど、
元々ロクな人間じゃない+拾い癖のあった俺は、
ユニクロの袋だけパクって持って帰った。

家に帰って改めて中身を見ると、
ハーフジーンズにピンクのノースリーブ。

どちらも女性用でSサイズ。

こりゃとてもじゃ無いけど着れねぇ…捨てようかと思ったけど、
あぁ、そうだ母ちゃんにでもやろうと思い、自分の部屋に置いといた。

しばらくして母ちゃんから、
件の地下道で痴漢があったっていう事件を聞いた。

正直フーンて感じで、
その地下道は昔からよく痴漢が出るし、
夏休み近いしで、いつもの事ぐらいに思ってた。

その日、
深夜出勤だった俺は寝てたんだけどさ、
昼頃携帯が鳴った。

「もしもし?」

『もしもし?○○君!?昼店長です!!』

昼店長というのはオーナーの奥さんの事で、
お昼に入ってる人だった。

「あー、ハイ。どうかしました?
またDQNが店のガラス割ったとか?」

『違うの、大変な事になってるのよ!
店が!とにかく今すぐ来てちょうだい!!』

何事かと思い駆けつけると、
お昼のラッシュでごった返してるはずの店が静まりかえっている。

店の前には主婦のパートさんが一人。

「おはようございます、どうしたんですか?」

「あ、深夜店長。
私よくわからないんですけど、さっき急に警察が来て…
私は店の前で、

『お客さんが来たら、
諸事情により今日はやってませんて伝えなさい』

って昼店長に言われて」

「はぁ…わかりました。
とにかくお願いしますね」

事務所に入ると唖然とした、
明らかにパニクってる昼店長と、
オーナーを取り囲む警察。

「お宅さんは?関係者!?」

若めの警官に強めに聞かれる。

「あ…ここの深夜店長です」

「あ!?○○君!!」

ふいにもう一人の警官に声を掛けられた。

この人はいつも一緒に見回りをしている人だった。

「どうしたんすか!?これ?何があったんですか?」

「いや、それが…」

「うちは未成年に酒、タバコの販売は絶対してませんよ!!
知ってるでしょ!?」

「いや…そっちじゃないんだよ…」

「え…じゃぁ」

そんな事してるうちに、
制服を着ていない警官とおぼしき連中の指示で、
昼店長を含む俺達は外に出された。

何を聞いても泣き崩れてる昼店長を尻目に、
しばらくしてオーナーはパトカーに乗せられて姿を消した。

2~3日して、
警察から連絡を受けた俺は地元の署にいた。

「なんですか?てか何があったんすか?店も開けないし…」

「お待たせしたね。あのー…あそこの地下道しってる?」

「ああ、はい。なんか最近も痴漢が出たって」

「それ、それ…言いにくいんだけどさ。
その事件の…犯人が、お宅さんとこのオーナーだったのよ」

「はぁ!?いやいや!!」

「いや、まぁ落ち着きぃな…それで何か知ってることとか、
変わった事とか何か」

「……マジっすか…あ、そういえば」

ここで、件の地下道での一件を思い出した俺。

「そういえばね、
あそこの地下道で落し物…というか変なものが」

そこから俺は、
ユニクロの袋をパクった事を伏せて、
洗いざらい警察に報告した。

少し俺も疑われたが、
犯人が全て自供しているという事で、
俺はすぐに解放された。

それから1ヶ月間ほどは、
本部の人間が来て店は通常通り営業したが、
ほどなく閉店。

後で聞いた話だが、
うちのオーナーは俺があの落し物を発見したその日、
あの地下道で主婦を車で拉致、車内で強姦して、
主婦を遠く離れた所に置き去り逃走。

ふらふら歩く被害者の姿を目撃した近隣住民が110番
→保護されて事件発覚。

何が一番怖かったって、
その被害者の主婦さ、
うちのコンビニでパートとして雇ってた事があるんだよ…

俺、その人が買った服パクったのかと思うと恐くなって、
母ちゃんに内緒でその服捨てた。

二度と物は拾わないって神に誓ったよ。

生きてる人間がなんとやら…

で、まさか身近な所でこんな事が起こるなんて思ってなかった、

俺はガクブルもんだったよ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6166-0e67c228