fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】変な匂い

【じわ怖】変な匂い

スポンサーリンク



小学生の頃、林間学校に毎年行っていた。

俺が6年生の時、
行事の中に肝試しがあって、
夜中に懐中電灯一つ持って、
三人一組で山の中を歩くことになった。

本能的に闇は怖かったんだが、
強がって俺は先頭をライトを持って歩くことを志願したんだ。

背が低い俺の後ろを、
太ったTと、ヒョロ長いKが付いてくる。

多分三人とも怖かったんだろうけど、
強がってはしゃいでた。

理由は覚えて無いが、
俺達は横一列ではなく、
縦に並ぶように歩いていたと思う。

一番後ろにいたKが、

「何か変な匂いしない?」

と言い出した。

俺は何も感じなかったし、
Kが脅かそうとしてるんだろうと思った。

Kはまだ気にしているようだったが、
俺達は歩き続けた。

急に後から吹っ飛ばされて、
懐中電灯も飛んでいき、
俺は痛みに泣きそうになりながら叫んだ。

「何すんだよ!!」

後ろからはTの泣き声とKの叫び声が響く。

とりあえず懐中電灯を拾い、
後ろを照らすとTしかいない。

Kの声は俺らの進行方向とは逆に向かっていく。

何か怖くなった俺は、
とにかく一人で走った。

後からはTが

「待って~」

と言いながら付いてきているようだ。

とにかく走って、
俺らが泊まっていた旧校舎に着いた。

直ぐに先生にKのことを話すと、
無線で他の先生方と連絡をとったようで、
K以外の児童は全員集められた。

そして男の先生三人でKを捜しに行き、
警察にも連絡をしたようだ。

ド田舎なので捜索隊を集めるにも時間がかかるらしく、
俺が就寝する前には捜索がはじまらなかった。

先生達が一回りしても見つからず、
とにかくその日は寝ることになった。

布団の中に入っても、
Kの声が耳に残っているのか、
実際に聴こえているのか分からなかったが、
Kの叫び声が小さく聴こえて、
何時間も眠れなかった。

Kは

「ギィギャー、アー、ァァアアア」

とか叫んでた

次の日、
本来後1日あるはずだった林間学校は中止になり、
俺とTは警察に話を訊かれていた。

俺は急に突き飛ばされて訳がわからなかったが、
Tは一瞬何か凄い臭かったと言っていた。

周辺から羆の足跡が発見されたため、
山狩りが行われたらしいが、
結局Kは行方不明のまま終わった。

そして俺が大学生になって、
深夜に一人バイクで山を走っていたら、
急にバイクのエンジンがとまった。

何も光が無い真の闇の中、
俺は子供の頃の体験を思い出し震えた。

何度セルを回してもエンジンが付かない。

周りからは風の音、
不気味な生き物の鳴き声がする

恐怖でパニックになりかけたが、
とりあえず携帯のライトでリザーブタンクにコックを合わせたり、
押しがけをしてみたが動かない。

疲れたので少し休むと、
ふと変な匂いがすることに気が付いた。

もしかして…と思い、
携帯の音楽を最大で鳴らしても、
匂いは変わらずする…。

ザーッと草が動く音がし、
俺はビビりまくって叫んだ。

それは風によるものだったみたいで、
熊に襲われることは無かったが、
心なしか匂いがさっきよりキツい。

俺は神様なんて信じてないけど、
この時だけは祈りながらバイクのセルをながおししてた。

エンジンがかかった!!

すぐにバイクに飛び乗り、
生きた心地しないまま走り、
一時間くらい走って道の駅を見つけたので飛び込んだ。

そこで朝まで時間を潰し、
ふと地図を見てゾッとした。

さっきいた辺りは、
ドンピシャではないものの、
昔Kが行方不明になった自治体のすぐそばだったからだ。

それ以来、
いくら空いてるからとはいえ、
深夜にバイクで遠出するのは止めた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6165-741198ee