fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】相乗り

【じわ怖】相乗り

スポンサーリンク



僕が小学の低学年の時に、
親におつかいを頼まれました。

おつかいを済ませて、
自宅マンション(オートロック式)の暗証番号を押して扉を開けて、
エレベーターホールに向かい、
エレベーターが降りてくるのを待っていると、
すぐに後ろから足音がしました。

振り向くと、目が細く切れ長で、
印象の強い顔立ちの男が立っていました。

僕が開けた時に、
すぐ後ろから入ってきたようです。

エレベーターが到着して乗り込み、
僕は『開』のボタンを押して男を気遣いました。

僕は自分の家がある4階のボタンを押しました。

僕は男に

「何階ですか?」

と聞きました。

すると男は、

「屋上は行けるのかな?」

と質問してきました。

僕は屋上に出入りしたことがなかったので、

「分かりません」

と答えました。

僕の応答に男は無言でした。

なんとなく嫌な空気だと思っていると、
4階に到着しました。

扉が開きホッとした瞬間に、
男が突然素早い動きで『閉』ボタンを押しました。

僕は何事かと思い男の顔を見ると、

「屋上に案内してくれる?」

と男が言いました。

僕は少し怖くなり、
何も言えず黙っていました。

エレベーターを降りると、
屋上に続く階段は大きな南京錠と鎖で閉錠されて、
行くことは出来ませんでした。

すると男は、
僕の半ズボンの裾を掴み歩き出しました。

僕は怖すぎて震えながら思いました。

「この人目つきがおかしい」

と…。

まさに、死んだ魚の目でした。

震えながら
外の非常階段(10階)まで歩かされました。

男は階段から頭を出し、
下を見下ろしました。

そして、
男は僕の方に顔を向け言いました。

「ここからなら大丈夫だな。死ねるな」

僕は男の言葉に凍りつき、
絶望的な状況であることに気付きました。

男は僕を見つめていました。

僕は目の前が現実なのか夢なのか、
夢であって欲しいと願いました。

けれど、紛れも無い現実だと把握すると、
僕はいてもたってもいられず叫びました。

「うあぁあぁぁ!!」

非常階段を滑り落ちながら降りました。

本当にすべり台を滑るように降りました。

必死で滑り、家のある4階まで着き、
家の中に飛び込み母に説明しました。

母が警察に連絡するとすぐに駆け付けてくれて、
マンションの外をウロウロしていた男は捕まりました。

僕は母に抱き着いて泣きましたが、男も捕まり、
また穏やかな日々を過ごしました。

それからすぐマンションを引越して、
実家は一軒家を立て、
僕は就職して一人暮らしをしています。

今年4月に、
久しぶりに何日か実家に帰りゆっくりしていて、
少し散歩をしようと、
一人で近所をブラブラしていました。

しばらく歩き、
喉が渇いたのでコンビニに入りました。

飲み物を買って、
コンビニを出て飲みながら歩いていると、
見覚えのある人が歩いてきました。

僕はその人を見た瞬間に
全身の血の気が引きました。

あの男だったからです。

男は恐ろしいくらい容姿がそのままで、
何より目つきがあのままの男でした。

今になってこうして人に言えたりするようになりましたが、
昔は口にすることさえ恐怖でした。

今生きていることが嬉しいし、
殺されくてよかったです。

死ぬなら一人で死ね!と言いたい。

ってか男は生きてたけど。

あの事件から、
今もエレベーターはなるべく相乗りは避けています。

不景気でおかしな人が増える一方なので、
本気で気をつけてください。

あんな思いは誰にもして欲しくないっす。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6142-0be66298