fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山奥のくねくね

【じわ怖】山奥のくねくね

スポンサーリンク



昨日仕事が休みで、
山に一人で釣りに行って変な物見た。

去年一昨年に、
何回か友人や嫁と遊びにその川へ行ったんだけど、
昨日はヒマを持て余してる友人もいなく、
たまたま一人で行くことに。

10時に家を出て、昼頃から釣り開始。

夕方からかなり釣れだして、
嫁には5時には帰るって言ってたんだけど、
夢中になりすぎて気付いたら6時過ぎだった。

山奥なので木が生い茂り薄暗くなってきたので、
帰り支度を始めようかなーと思ってたら、
急な寒気に襲われて、やっぱ山寒いわーとか思って
脱いでた上着を着ようとした瞬間、
上流の方に気配を感じ目を向けると、
小学生くらいの子供?(人っぽかった)みたいな感じのが立ってた。

思わず目を擦って確認したけど、
やっぱりいた。

服を着てないのか、
真っ白で山林の風景に浮いて見えた。

幽霊とか信じてないし、
その物体をそういう類の物と思いたくなかったし、
ましてやそれが何なのか、
うやむやなまま帰るのも嫌だったんで、
恐る恐る近づいてみると、
その物体は上半分だけグネグネ動いてこっちを見てた。

手を上に上げて、
かなりの速度で動いてたんで、
ワインの栓抜きみたいな螺旋に見えた。

何物なのかハッキリとは確認できなかったけど、
この世の物とは思えない光景に鳥肌が立ち、
まじでヤバイと感じた。

その瞬間猛烈な吐き気に襲われて、
意思とは関係なく嘔吐。

その場によろめき、
はいつくばって車まで行きました。

もちろん絶対に振り向きませんでした。

何とか車にたどり着き、
時計を見ると7時過ぎ。
外から何やら、

「オーイ」「オーイ」

とたくさんの声が聞こえる。

そこから記憶が無く、
嫁が心配して探しに来てくれたみたいで、
記憶が無い間、寝ていたのか嫁に起こされて帰宅。

家に着いたのは10時過ぎでした。

今は脱力感が凄く、
今日は会社を休みました。

あれは何だったのか、
今でも鳥肌と寒気が消えません。

最悪な事に釣り具置きっぱなし。

取りに行くなら今日しかないんですが、
勇気が出ません。

道具高かったのに。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6129-dc4bf079