fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】集団ストーカー

【じわ怖】集団ストーカー

スポンサーリンク



田舎の国立大学に行ってた時に、
膿家次男にやたら遊びに誘われた。

私本人ではなく、
私の高校時代の友人を紹介してくれと
うるさかった。

男女比が9:1に近い学部な上に私が女子校出身なので、
女紹介してくれ男は珍しくなく、
その場その場で軽くあしらってたら、
凄まじく諦めが悪い!


以下膿家次男の迷言

・下心なんてないのに、
お前は邪推しすぎで気持ち悪い。

・お前は普通の女のことが分かってない。

・普通の女は男との出会いを求めてるもので、
女子校の女だったら、
男の選び方も出会い方も分からないから、
お前が紹介しろ。

・上記の理由から、
出会いに恵まれない女子大の女を紹介するべき。

・10人くらいなら、
こっちからも男を連れていってやるから。

・お前も一応女だよな。
もうお前でもいいや。
俺んち来いよ。


余りにもしつこいので学生課に相談。

厳重注意されてやっと大人しくなったかと思いきや、
長期休みに実家に帰ろうとした日に駅で待ち伏せし、
私の品定めをしようとわざわざ親戚まで連れてきて、
同じ車両に乗り込んできた。

わけが分からないものの、
とにかく慌てて降りて、
荷物を投げて駅長室に逃げ込んでも一緒に入ってくる始末。

当時は集団ストーカーとか全然知らなかったので、
何がなんだが分からない。

駅員さんに宥められながら半泣きで事情を説明するも、
私自身状況が飲み込めてなかったので不十分な説明な上に、
私が話そうとすると膿家御一行が大声で捲し立てて、
駅員さんも困惑するばかり。

違う駅員さんに荷物を回収してもらい、
このままじゃ埒があかないと、
駅内の交番へとぞろぞろと移動。

が、交番のお巡りさんが
膿家次男御一同とお知り合いだったので、
全然話が進まない。

話を曖昧にされそうになってたときに、
顔見知りの教授が交番前を通りかかって、
出入り口からひょっこり顔をだして、

「君、うちの学生だよね。
痴漢?スリ?
学生課の子呼ぼうか?」

と尋ねてきた。

教授は大学に向かう途中だったそうで、
大学の職員を呼ぶならついでにと思ったそうだ。
(寮生が多いので警察沙汰とかは、
学生課の職員が間に立ってくれることもあったから)

そこからはとんとん拍子に話が進んだ。

私から事情をきいた教授は、
逃げようとする6人のおっさんと膿家次男をまあまあとなだめて、
おっさん達から名前を聞き出して、

「今から君は実家に帰るんでしょう?
それじゃここで被害届だしたら不便だ。
君の実家の方で被害届をだそう。
細かいことは道すがら話そうか」

と交番から私を連れ出して、
そのまま私の実家に行って、
私の両親に説明して颯爽と帰っていた。

被害届は残念ながらだせなかった。
(ストーカーですら中々受理して貰えなかった時代だったので)

膿家次男は、
停学措置で卒業までは大人しかったんだが、
その後がまた酷かった。

卒業後に私が結婚、
夫に先立たれた告別式にやってきました……orz

私の女子校時代の友人も来るはずと踏んで、
親戚引き連れてやってきました。

結婚したのがくだんの教授だったので、
学生同士の繋がりで聞き付けたそうだ。

私達夫婦が共働きで、
今から保険金もたんまり入ってきてる筈だ!と意気込み、

「昔のことを謝るなら、
女の独り身なんて惨めだろうから貰ってやる」

と宣いましたよ。

告別式で!

「年上が好みなんだろう(旦那が二回り年上だった)」

とニヤニヤしながら言い、

「なんなら俺の伯父を紹介してやっても良い」

とも。

この世に生を受けて、
初めて人をぶん殴りましたよ。

最後はどでかい遺影で、
がこんがこん叩いてやりました。
(旦那ゴメンorz)

高校時代は大人しい子だったので、
高校時代の友人はポカーン。

大学時代の友人は、
私を止めながらさりげなく膿家御一行を蹴り飛ばし、
会場から引きずりだしてくれました。

その後は流石に付きまとってこなかったですが、
未だにどこからか沸いて来そうで、
法事の度に不安になってしまう。

余談ですが、
告別式で手伝ってくれた高校時代友人と大学時代友人の中に、
その時出会い、最近結婚までいった子がいましたが、
結婚報告の時には、死者を冒涜するようで申し訳ないと
土下座する勢いで謝られましたよ。

普通はこうだよなあと思う反面、
最初からお見合いの場所にしようとした奴等への怒りが蘇ってきて、
我慢ならず書き込んでしまいました。

私人の愚痴になって申し訳ない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6103-0e3adf3a