fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】ぬこドア

【じわ怖】ぬこドア

スポンサーリンク



うちのぬこがらみの話。

先に言っておくが、
ぬこ自体に被害はないから安心して欲しい。

動物のいる家ならわかると思うけど、
部屋のドアとかに動物用のドアがついてるよな。

うちではぬこドアって呼んでるけど、
そのぬこドア、普段はマグネットで閉まってて、
ぬこが頭で押すと開いて、
通り抜けるとマグネット作用でばちん!と閉じるという作り。

このばちん!が結構やかましくて、
夜寝てるときとかにぬこがいらっしゃると、
まず音で目が覚める。

そんな感じ。

その日、俺はベッドの中、
携帯で怖い話を読み耽っていた。

夜中の怖い話ほど楽しいものはない。

真っ暗闇の中で楽しい時間をすごしていると、
例のばちん!という音が、
向かって正面(ベッドと平行してドアがあり、
俺は横を向いて携帯を見ていた)から聞こえた。

ぬこ様のご登場である。

いつもなら、
すぐにうやうやしく掛け布団を持ち上げて、
彼女をお招きするのだが、
洒落コワに集中していた俺は、
まあ適当に乗っかってくるだろう、
と声もかけずに記事を読み続けていた。

気配でぬこが寄ってくる。

大体いつも、
ベッドに両手をかけてこちらをうかがってから、
よいしょとジャンプしてくる。

案の定、携帯の薄明かりの向こうに、
うっすらとベッドの端にかかった前足が見える。

と思ったら、
足じゃなくて手だった。

赤ん坊くらいの大きさのおっさんが、
ちょこんと両手をベッドの端に乗っけて、
俺をじっと見てんの。

丁度携帯挟んで向かい合う形で。

無論、超至近距離。

一瞬何が起きてんのか全くわかんなくて、
それから「ヒョー!」と
至極みっともない声を上げて飛び退る俺。

携帯放り出してしまったので、
ほんとに部屋ん中真っ暗。

赤子サイズのおっさんと二人きり。

やべえやべえと思って頭真っ白になってるうちに、
いきなりパン!と部屋の明かりがついた。

俺の絶叫に驚いた兄貴が、
様子を見に来てくれたのだ。

明かりがついた部屋には、
おっさんはもう居なかった。

その後、俺に何かあったとか、
家族に事件がというのは一切ないんだが、
俺の部屋にぬこが入ってきてくれなくなったのは、
なんとも悲しい。

さすがにそのぬこドアは封鎖してしまったんだけど、
透明なプラスチックで出来てるので、
ガムテでとめた向こうに何か見ちゃったらどうしようと、
時々気になって注視してしまう今日この頃。

お宅のぬこドアは大丈夫?


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6101-b9bca15c