fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】喋る猫

【じわ怖】喋る猫

スポンサーリンク



自分には生まれた時から一緒な猫(笹♂)が居るんだが、
この猫が化け猫(猫又)?っぽい。

生まれた時から一緒ってのは、
俺が生まれたのと一緒の月に生まれた猫だからなんだけど、
(だから俺と同い年)
うちの母親はオカルトに凝っていて、
俺に何かあったときの身代わりにと探してきた猫らしい。

今考えると猫にはたまったもんじゃない話だが、
現在では身代わりなんてとんでもないってぐらい、
明らかに一人息子の俺より可愛がられてる。

んで、不思議体験ってのはこの笹に纏わる話で、
オチから言えば、この笹が何か喋れるっぽい。

初めて笹が喋れるって分かったのは、
俺が幼稚園のとき。

その時俺は幼稚園が大嫌いで(マザコンだったから)、
母親の居る家をどうしても出たくなかった。

んで、いつものように駄々こねて、
その日は押し入れに隠れてバスをやりすごそうとしたんだが、
一人じゃ怖かったので(俺はヘタレ)笹も連れていった。

んで、いつの間にかうとうとしてたら、
近くでいきなり

「起きろ」

って声がして、
母親かと思って押し入れ出ようとして、
はっとした。

それはまず、
母親はそんな言葉遣いしないし、
階下からは母親が台所で洗い物してる音が聞こえきたからだ。

それに声が男だった。

野太い訳じゃなかったけど、
男だと思った。

だが上記でも述べた通り俺は一人っ子だし、
父親はもう仕事に行ってるはずだから、
この声は有り得ない。

んで、暫く呆気にとられてたら、
いつの間にか足元にいた笹が俺を見上げて、
「早く行け」って言った。

口は動いてなかった。

でも笹と目があってたし、
絶対笹だった。

二回目は俺が中学んとき。

夏休み真っ只中で、
明日は友達と海に行くって大はしゃぎしてた。

んで、

「俺ばっか楽しい思いして悪いなー!
どれ、笹も水浴させてやろう!」

とか言いながら、
笹を水ためた洗面器にいれてやろうと蛇口捻ったとき、

「余計なお世話」

って聞こえた。

驚いて振り向いたら、
笹の後ろ姿が見えた。

流石に幼稚園のときとは違うし、
今絶対笹喋った!って思って、
すぐに親に

「今笹が~」

って言ったが、
はしゃぎすぎて変なこと言ってるみたいに勘違いされた。

でも、暑いから
いつもリビング(常に冷房ついてた)に居た笹が、
俺がそんなこと言った後に居なくなって、
夕飯まで帰ってこなかったから間違いない。

三回目は最近で、
オカルト話を見て笹が喋ったの思い出して、
親にその話してたとき、
笹が俺見て笑ってた。

顔ってか雰囲気?笹が笑ってるって分かった。

妄想とかじゃないと思う。

これだけみると、
笹が嫌な猫みたいだけど、
その他では普通の猫と変わらない。

喋った?後にもちょっとしたら、
いつもみたいに「なー」っていいながら
膝にのって来たりしたし。

オチは全然無いんだけど、
まあ、憎まれ口叩く可愛い猫だと思うことにする。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6069-863d0eb3