fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】2段目

【じわ怖】2段目

スポンサーリンク



得意先が移転し、
お祝いをかねて訪れた。

そこは1階が店舗で2階が事務所。

とりあえず事務所で話を聞くからと、
店舗の奥の給湯室から伸びる階段で2階にあがる。

しかしこの階段、何か違和感がある。

なぜか下から2段目だけが、
幅が狭く段が高い。

事務所に上がり話も盛り上がり、
帰り際2段目の事はすっかり頭から消え、
危うく足を挫きそうになる。

すると、

「階段危ないから気をつけて」

と社長の声。

先に言えよ。

「大丈夫ですから~」

とお愛想をして店を出る。

この会社、業績は良くないが、
社長の人柄と社員のがんばりで
何とかやりくりしている程度。

しかし、この新しい移転先は、
昔から何をやってもうまく行かない場所。

以前は大手ディーラーだったが、
やはり上手く行かず、
格安で賃貸されている曰く有の場所であった。

数ヶ月が過ぎ、
定例でその店を訪れると社長が居ない。

奥さんに訳を聞くと、
事故で入院中との事。

とっさに浮かんだのが自殺?

しかし間違っても
そんな事を口に出すわけもいかず、
病院の場所を聞くと、

「ここじゃ何だから事務所へどうぞ」

と2階に。

奥さんもやはり自殺未遂を疑っている様子。

帰りに、やはり2段目で転びそうになる。

奥さんも

「ココ、分かっててもつまずくのよね。
なんでココだけ変な作りなんだろ」

と笑っていた。

病院で社長と対面。

怪我は酷く片目は失明寸前だが、
思いのほか元気で、
只の事故だったのかと思うほど明るく前向きだった。

事故の事を聞くと、単独事故で、
時速60~80kで高速橋脚コンクリに、
ほぼ正面から衝突したのだそうだ。

何故正面から?

誰でもそう思う。

俺も思った。

聞くか迷っていると社長の方から、

「自殺する気なんかない。
でも、事故の前後の記憶がない。
店の事をぼんやり考えながら、
運転していたんだと思う」

数ヶ月で退院も出来、
復帰が出来ると言うことなので、

「退院後また店に伺います」

と約束をして別れた。

社長が入院している数ヶ月で業績は悪くなり、

「あの店危ないぞ」

と噂を聞くまでになった。

それから暫らくして、
社長が亡くなったと奥さんから電話がある。

葬儀などは既に済ませており、
店をたたむ事にしたから、
色々相談をしたいから店に来て欲しいと呼ばれる。

事務所で話を聞く。

亡くなったのは、
奥さんの車で病院を抜け出し店に向かう途中、
今度は電信柱に激突したのだと言う。

なぜ急に店に向かったのかも分からないし、
どうしてまた事故にあったのかも分からない。

ホントに事故なのかも分からない。

「ひょっとして自殺だったのかも」

と一気にしゃべり泣き崩れた。

俺は正直自殺だと思った。

泣き崩れる奥さんを前にして何も言えず、
閉店に向けての処理の方法や手続き関係を説明し、
事務所の階段を降りると、
やはり下から2段目で転びそうになり、
胸に挿していたボールペンを落っことした。

ペンを拾おうと手を伸ばし、
なにげに1段目と2段目の間を見ると、
一瞬、ほんの一瞬だけど、片目の腫上がった、
事故後に病院で見た社長の顔があった。

そして腫上がった手が、
サッ引っ込むところも。

その後店は閉店し別の店になったが、
上手く行かず直ぐに閉店となり、以降空き家のまま。

曰くのある場所には、
それなりの訳が在るのだと実感した。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6032-c2ed9ae4