fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】猫と配水管

【じわ怖】猫と配水管

スポンサーリンク



自分がまだ小さい頃のこと。

近所では沢山の猫を見かけたんだ。

町営の団地に住んでいて、
排水溝などの設備もあった。

高低差がある場所などは、
コンクリで覆ってあって、
地面から1メートル以上も高くなっている事もあった。

小さい自分は、
そのコンクリの壁をよく見上げたものだ。

ある時、
近所の猫を後ろから追いかけていた。

そして、
コンクリの壁に開いている配水管に猫が入っていくのを、
自分はそのまま追いかけた。

排水管を覗き込むと、
猫がこちらを振り返って見ている。

目線を送り配水管の向こう側をみると、
地面があり草も生えていて、
まるで春のような感じの場所があった。

小さい自分はその光景を目にして、心の中で、
ああ、いいなあ…ここをくぐれたら行きたい、と思った。

ずっとその事が気になったまま、
時だけが流れ…

最近になって、
ふいっとその場所に通りかかる事があって、
そうだ、あれはどうなっているのだろうか、と確認すると…

排水管の先は真っ暗で何も無かった。

排水管は地中に埋まっていて、
覗き込んでもただ暗いだけなのだ。

しかし、未だにあの光景を忘れる事が出来ない。

ひょっとしたら、
猫だけが行ける世界があるんじゃないかと、
今でも、心の中でひっそりと信じている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/6025-737a8972