fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】電柱にすりつく何か

【じわ怖】電柱にすりつく何か

スポンサーリンク



高校の時の話。

学校の帰り道に友人と歩いてるいる最中に、

「キーーーーッ、ドン!」

と言う音が聞こえて、
振り向いたらバイクと車が事故ってた。

その光景が酷くて吐いた。

それほど凄まじかった。

車と電柱の間にバイクが挟まれており、
バイクの運転手は、
車のボンネットの上に
背中が折れ曲がった状態で乗っていた。

フルフェイスじゃ無かった為か、
カクンと垂れている顔は、
一度電柱に接触して跳ね返され、
擦り傷と打撲で片面だけグチャグチャになっていた。

しかも、ちょうど俺らは
ドン!という音と同時に振り返ってしまったので、
まだピクピクしている状態で、
片面の目からドロっと液体が見えているのを見てしまい、
友人が吐き出した。

数秒後にいきなりバイクの運転手は、
体を動かそうとするかのようにガクガクとなり呻きながら、

「ぐがぁあ」

と何事かを言っていた。

車の運転手は、
直ぐにボンネットを確認して救急車を呼び、
必死でバイクの運転手に呼びかけていたが、
数分ピクピクとなった後に動かなくなった。

救急車が来て運ばれて行った後に、
警察が検証をしながら目撃者を探していた。

俺らはたまたま居合わせただけだが、
事情聴取で色々聞かれた。

もちろん、
ぶつかった後しか見ていないため、

「音しか聞いてません」

とだけ言い、そのまま帰った。

その日の夜のローカルニュースで、
その事故のニュースが流れ、
バイクの運転手が、
搬送先の病院で亡くなった事を聞いた。

その次の日、友人は休んだ。

あまりにも精神的につらかったらしく、
かなり吐き精神衰弱のような状態だった為、
病院に行ったらしい。

前日と同じ道で帰宅して、
電柱の下に花やビール、
タバコなどが置かれていたのを見つけた。

ただ、ふと電柱を見ると、
ちょうど自分の体の胸あたりに赤黒いシミが見えた。

一瞬どきっとしたのは、
そのシミが人の顔の半面に見えたのだ。

よく見ると赤黒いシミにしか見えないのだが、
目を逸らしてスッと再度目を戻すと、
一瞬だけ人の顔に見える。

昨日の今日だったので見てて気持ち悪くなり、
一度手だけ合わせて帰った。

それから数日後、
変な噂が流れ始めた。

「なぁ、知ってる?
あそこの電柱のシミって、
夜になると呻くんだよ」

とか、

「明け方にあそこを散歩していた爺さんが、
電柱の前で立ってる顔のグチャグチャな霊を見たんだってさ」

と言うような噂だった。

俺や一緒に見た友人は、
馬鹿げてると思ったのと、
直接見ただけに想像するだけで怖くなっていたために、
あまり積極的にその話には加わらなかった。

それからさらに数日後、
クラスの奴が声をかけてきた。

「あのさー、
A先輩(不良ぶってるDQN)が、
お前ら呼んでこいってさ」

と俺と友人に言った。

どきどきしながら行くと、

「お前らが見たことを全部教えろ」

とのことだった。

めんどくさかった為、

「音を聞いた以外見てません」

と言うと、その先輩が

「今度肝試しに夜にそこに行くから、
お前らも来い」

と言われた。

Aとは一度も話した事もなく、
しかも、俺らがその事件の目撃者だったと言うのを、
どこから聞きつけたのか知らないが、
少し苛々した為、

「絶対に行かない」

とだけ言って帰った。

その日の夜8時ごろに、
Aから電話がかかってきた。

『おう。お前のクラスの奴に電話番号聞いた。
今お前の友人と一緒にいるから、
お前も電柱のとこに来い』

と、いきなり捲くし立てるように言われた。

「いや、夜も遅いので出れません」

と言うと、
『お前学校でぼこるよ?
苛められてもいい?
お前の代わりに友人の方ボコろうか?』

と脅しまで始めた。

流石に頭に来て、

「お前、マジで調子にのるな、ボケ。殺すぞ」

と言ってしまった。
(喧嘩なら負けないと思ってたので)

その瞬間に

『ピイィイィイッーーーー』

と受話器から音が鳴り、

『助けて』

と聞こえた。

友人が殴られたのかと思い、

「おいって、今から行くから何処に居るんか?」

と尋ねると、

『死にたくない…痛い。顔がイタイ。
うわぁあああああ』

と叫び声が聞こえた。

さすがに異常だったので、

「何してるんですか?
今から行くから、
何処に行けばいいのですか??」

と敬語に戻して聞くと、

『ミタとこだよ~、君があ。見たんでしょ??
死ぬ時助けてあげなかったでしょおよ?』

と笑いながらAが言い出し、

『お前が来ないならこっちから行くよー』

と言い電話を切られた。

すぐにAと一緒に居るだろう友人の携帯に電話をすると、

『どした?え?Aから?
知らんよー、俺家に居るよ?』

と言う。

つい先ほどのAからの電話の話を友人にすると、

『悪戯でしょ』

との事だった。

それから30分後に、
友人から焦った様子で電話があった。

『家の前にAが来てる』

との事だった。

ただ様子がおかしく、
Aは友人の家の前に在る電柱の下から電話してきて、

『外を見ろ』

と言ったらしい。

部屋から外を見ると
ニヤニヤしたAが居て、

「出て来い」

と言ってるらしい。

友人は喧嘩などには全く無縁で、
出て行くのは怖いらしく、
両親にも言いたくないらしい。

その為、
俺が行くから待ってるように言い、
自転車で友人の家に向かった。

向かってる最中に友人から電話があり、

『A帰ったみたい』

と言われ、

「今向かってたのに」

と言うと、友人が

『じゃあ、一回家おいで。菓子ぐらいだすよ』

というので、友人の家へ向かい、
菓子を食って帰ろうとした時に、
友人の家の前の電柱に人影が見えた。

さすがにそれを見たときは驚いた。

叫んでしまった。

その人影は電柱に巻きつくようにくっ付いており、
片方の顔を電柱にこすり付けて、
電灯で白くなってるもう片方の顔を、
にやぁっと笑いながらこっちを見ていた。

直ぐに家にもどり、
友人の親に説明し警察を呼んだ。

警察が来た時にはそこに誰も居らず、
俺は安全の為に友人の家に泊まる事になった。

次の日学校に行くと、
Aが交通事故で病院に運ばれていると、
クラスメイト(Aに俺と友人の電話番号を教えたやつ)が教えてくれた。

こいつの話では、
Aや彼の知り合い数人で事故現場に行き、
俺と友人を怖がらせようと考えていたらしい。

しかし、
Aが電話してる最中にいきなり変になり、
バイクに乗って電柱に突っ込んだらしい。

ただ不思議なのが、
Aは友人の家に電話はしたが、来てないとの事で、
あれが何だったのかは未だに不明です。

俺は直接Aを見てないが、
電柱にすりついてる何かは見ているので、
誰かの悪戯か、若しくはAはただ休んでるだけじゃないか、
と思ってた。

それから数週間後に、
Aが退院して学校に来た。

Aが入院してたのが嘘じゃなかったって言うのは、
顔をみればすぐに分かった。

彼の顔は手術で皮を貼り付けており、
左側だけ歪んでいた。

友人の家の前で見たのは何だったのかは不明だが、怖かったので、
念のため友人と俺は花を買い、
お供え物を電柱のところに置いて、お祈りをした。

今現在でもその電柱には黒いシミがあり、
その前の道路では事故が多発している。

ただ俺と友人は、
それ以来特におかしな体験は一切していないです。

長文になりましたが、
体験談を書いておきます。

ただ、霊なのかただの異常者なのかはわからないので、
霊的な意味で怖いかは分かりませんが、
本人としてはかなり怖かったです。


追伸

師匠とかケイさんとかって、
こういう体験一杯してるのに、
精神壊れないのかな??

俺はこれだけでも精神的に参ったけど…

これが続くと
精神状態おかしくなりそうです…

幸いにも続いてないですが。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5998-b6c13c22