fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】縁

【じわ怖】縁

スポンサーリンク



もう随分と前に亡くなったウチの爺さんなんだが、
変にと言うか、オカルト方面になんか詳しかった。

ついでに数学にも長けてて、
俺はよく教わった。
(これは多分関係ナイ)

爺さん曰く、

「あーゆー手合いは抽象的な説明が云々」

との事。

んで、記号とか使って説明してくれたのよね。

紙に書いてさ。

俺もオカルト関係が大好き……まぁ興味津々だったもんで、
それで色々聞いてたのよ。

解らないなりに。

爺さんもノってたし。

あれはどう、これはどう?って。

それで、
爺さんが一つのお話をしてくれたのよ。

これはそんな話。

人には本能がある。

まぁこれは誰もが知っていることだ。

でも、それも時代を経ていく毎に随分薄くなってしまって、
所謂退化してしまったらしい。

その退化してしまったモノの中でも、
今でも強く残っているのがあって、
人間の『危機を察知する本能』が挙げられるんだと。

あ、ヤバイって思うと、
大抵それが惨事にぶち当たったりするやつ。

まぁ人間も動物だから、
そう言うのが強く残っていて当たり前なんだが、
爺さん曰く、

「目に見えないものでも本能が回避するんだ」

と。

だから、オカルトオカルトって言っても、
大体のヤツが認知しないし、
遭遇もしないから認知されない。

言ってる奴が基地外扱いされる。

そりゃそうだ。

そんなのに毎回毎回遭遇するのは、
相当運が悪いか、
もしくは『遭遇する事を自分から望んでる』奴、
あるいは『遭遇する事が予め決定している』奴、
なんだそーで。

遭遇しないのが当たり前だし、
そう言う“脅かす”のとは縁を繋がないようにして、
安全を図っているらしい。

でも人間、好奇心が強い。

自分が知らない世界を視たがり知りたがる。

わざわざ回避してるのにも関わらず、
自分から遭遇したがる。

爺さんはここまで言って、

「ワシもそうじゃ」

と呟いた。

でも俺には、

「お前は賢いから口にせんし、
縁も繋ぎたがらんのぅ」

って言う。

オカルト好き、
てか怖い話が好きな俺に、
それはどうかと言ってやったのよ。

すると爺さん反論。

「何故霊能力者とか言ってる奴等が、
自分が見た拙い災厄や悪霊なんつーのを口にしたがらないのか解るか?
ふつーに考えてやったんなら、
教えてやった方が親切じゃろ?
よー考えてみぃ、違うか?」

まー確かにそうですな。

うんうん、と俺は頷いた。

「理由は二つある。
一つは、そういった災厄や悪霊を自分に招かない為じゃ。
口にするだけで縁(えにし)は繋がる。
未だ方向性が決まらぬ悪意や憎悪は、繋がれた道を歩いてくる。
そうして辿り着くと、苦しみを撒き散らすのじゃよ。

似たようなモノに“じゅ”(多分『呪』と書いて『じゅ』と読むんだと思う)があるが、
そう言うのは、己の悪意を直接相手に繋ぐ。
そうして相手を苦しめるわけじゃ。
これが強すぎると、相手は散々苦しんだ挙句に死ぬ。

じゃが、繋いだ縁を渡って自分に返って、自分自身も死んでしまう。
これが人を呪わば穴二つの意味じゃよ。
その苦しみは、殺した業を含めて倍になる」

なるほど、そう言うことなのかと、
俺は納得した。

「そしてもう一つ」

俺はゴクリと唾を飲んだ。

「業を招く」

「それって……どういう意味なん?」

「旅は道連れ、世は情けと言うじゃろ。
要するに、連帯責任じゃ。
その苦しみ、その責め、
その業を分かちあってしまうということなんじゃよ。
そんなん、視るだけの奴にゃ手に負えんし、
関わったばっかりに死んじまうこともある。
なまじ理解しちまうせいでな。

だから、本当に力の在る奴しか口にしちゃいかんし、
そう言うのを生業にしてる奴らもわかっとる。
だから口にせんのじゃよ」

「爺ちゃんにゃあったん?」

「ワシにゃ無い。
無かったが理解できる。
なんとなしに……お前と一緒でな。
だから、考えても口を利くな。招くぞ。
神も妖も霊も同じ。
言葉は一つの呪いと考えとけ。
口を利けば、彼岸の向こう側から縁を結んで招かれる。
古くから、人に都合の良い神を招くのは祝詞じゃしの」

おいおいマジですか。

と、心の中で呟きましたさ。

「でもな……」

ここで爺さん、
妙に神妙な顔付きになってしまいまして。

「理解するこたー悪いことじゃねぇ。
それが救いになるこたぁある。
だが一線越えちゃなんねぇ。
ワシゃ知っておるからの。
越えた奴ぁ……
確実に死ぬんじゃああぁぁぁああぁぁあああああああああ!!!!!!!」

んで、すげーわざとらしく
コホンと咳払いしやがりまして、

「……例外は定め付けられ、
仏の御心を持った人間だけよ」

と締めくくった。

こん時の爺さん……

怒ってるのか、泣いてるのか、笑ってるのか、
いやきっと全部なんだろうな……。

例えようの無い顔ってこういうのを指すんだって。

全身を恐怖の針で刺された感じで動けなかった。

ありえないぐらいのリアクションと大声が、
小便チビリそうになるぐらい怖かったです。

「……ま、蛇足ではあるが。
一度繋いだ縁は、双方が交わりを望まぬと誓わぬ限り切れん。
それほど強いつーことじゃ。
また招く、縁を繋ぐ、
これは繰り返すことによって、より強くなっちまう。
一度視た深遠を何度も覗く羽目になるというのは、
こういうことじゃよ。

何度も覗いた奴ぁ不幸だけが降り注ぐ。
生きてる人間にゃ、
真っ当に生きる資格があると同時に義務がある。
その分を越えてはならんのじゃ。
解ったか?○○(←俺の名前です)」

俺を脅かすだけ脅かして、
ハッハッハと爺さん笑いやがりましたよ畜生。

俺的にはガクブルものでした。

喉がカラカラで何にも喋れなかったし、くそぅ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5922-1a2d3884