fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】田舎の普通の一軒家

【じわ怖】田舎の普通の一軒家

スポンサーリンク



俺が体験してきた、
本当に本当の話を書かせてもらいます。

前に住んでた家の話なんだけど、
そこはどこにでもある田舎の普通の一軒家。

周りが親戚だらけって言う、
田舎にはよくある光景な訳さ。

俺が小学生の頃に爺さんが亡くなった。

小学生だからあまり覚えてはいないんだが、
まぁ大往生だったらしい。

んでね、その3年後に婆さんが亡くなった。

この時も小学生だったから、
病名や死因は覚えてない。

ただ、母さんとかが、
自宅の布団で泣きまくってたの覚えてる。

んで、その3年後に、
生まれたばかりの妹が死んだ。

妹はもう1人いて、そいつは元気。

次に生まれた妹が亡くなったのね。

何回も見舞いに行ったのと、
たまに自宅に帰れる日に一緒に寝た事、
あと、火葬場で燃やす所にガガーっと妹の棺が入ってく時に、
母が気絶したの覚えてる。

この頃から、
ちと母の元気がなくなったよ。

んでね……また3年後。

父が亡くなった。

これはハッキリ覚えてる。

熱でぶっ倒れそうでもガンガン二日酔いだろうと、
絶対仕事休まなかった父が、
「腹痛い」って理由で休んだんだ。

次の日は仕事に出かけたんだが、
早退してきたらしい。

病院行きたがらない父を、
母が涙ながらに説得して病院連れてった。

台所で母に、

「父さんが、○子(死んだ妹の名前)と一緒の病気になっちゃった…」

って言われた。

俺も妹もキョトンとしてたと思う。

病名は癌。

そこから父の入院生活が始まり、
みるみる痩せていった。

父の面影がなくなった頃、
息をひきとった。

死ぬ直前、本当に直前、
家族に心配かけまいと満面の笑みを見せた父は、
今でも俺の自慢だし、誇りだ。

その日は家族3人で、
涙枯れるまで泣いた。

父の葬儀が終わり、
大分バタバタが落ち着いた。

母は父のいる仏壇の前から全く動かなくなった。

仕事→仏壇の前→睡眠の繰り返し。

これは後で聞いた話だが、
ずっとどうやって死のうか考えてたらしい。

文章に起こすとすぐ気付くんだけど、
これ、実際体験すると分からないんだ。

そう…3年ごとに死んでるんだよね、

俺の家族。

月日まで全く一緒って訳じゃない。

でも綺麗に3年ごと。

俺はそれに気付いて母に言った。

母は狂った様に、
霊媒士(?)みたいな人を何人も呼んでた。

「前世が酷い事をしてた」とか、
「霊の通り道だから」とか、
ありもしない事ウダウダ言ってたよ。

結局ね、原因なんてわかんなかった。

でも、次は順番的に母か俺が…
みたいな怖さがあって、
引っ越す事にした。

んで、その家を空き家として人に貸す事にしたの。

もちろん、そう言った事がありましたって話はしてある。

そこに人が付いてから3年後に、
そこに住み始めた家族のお父さんが亡くなった。

さすがに気持ち悪いって事で出ていかれた。

後で聞いた話で、
お払いに来た霊媒士の方が、
どこかの葬儀の最中に大口開けて、
そのまま亡くなったらしいです。

結局原因はわからない。

今でも家族3人は元気で暮らしてるし、
その家は今でも空き家で存在してるって事。

怖いから2度と近付かないけどね。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5869-0894ba31