fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】地元の怪トンネル

【じわ怖】地元の怪トンネル

スポンサーリンク



昔の話だが聞いてくれ。

飲み仲間達と心霊スポットへ行こうと言う話になり、
男2人女2人のベタな編成で、
ベタな地元の怪トンネルに行く事になった。

トンネルにまつわる噂もよく聞くもので、
クラクションを鳴らすと霊が出る。

手形がべったり車につけられる。

そんな都市伝説的なものだったので、
たいして期待もせず、
ワイワイと騒ぎながら、
Aの車でトンネルへ向かった…

一番はりきっていたのはAで、
昔からの親友でもある。

手形がついたらすぐ判るようにと、
洗車までしてきたオカルト好きだ。

B子とC美は飲み友達で、
とくに霊感もなく、
ノリで参加したようだった。

俺は友達とはいえ、
女の子とはしゃぎながらのドライブに満足していた。

軽くビールを飲みながら田舎の山道を走り、
30分ほどで問題のトンネルに到着。

さすがに雰囲気は満点で、
Aがトンネルに入る前に、
自慢の怖い話をして盛り上げる。

クラクションをピーピー鳴らして気合いを入れると、
徐行しつつトンネルへ進入していった。

中は明かりがついてるにもかかわらず、
妙に薄暗い。

全員口数が少なくなってきたところで、
Aが

「よし!ここら辺でクラクションいくか?」

と嬉しそうに言う。

女の子達は

「怖いね~」

と言いつつ嬉しそうだ。

ドキドキしながらAを煽る。

Aは

「いくぞ~!」

と言うと同時に、
クラクションを鳴らした。

すると

「プヒ~ン」

と、
ありえない程なさけない音が
トンネル内を響いた。

全員大爆笑で、

「何この音??」

「面白すぎ」

と、雰囲気ぶち壊しで大笑い。

ハマッタ俺達は、
クラクションを連打し
337拍子をしてみたりと大爆笑。

「プップヒップヒヒーン」

と、鳴らせば鳴らす程なさけない音が響く。

しかし、
異変はこんな大爆笑の中、
突然起こった。

突然全員が笑うのやめシーンとなった。

あれ?と思い
後部座席の女の子達を見てみると、
口をぱくぱくとさせて笑っている。

というより、顔が笑っている。

俺の耳がおかしいと気がつくのに、
時間はかからなかった。

まったくの無音で喋っているつもりだが、
自分の声すら聞こえない絶対無音。

AやB子C美に大声で助けを求めたところ、
全員同じ現象が起きたらしく、
口をぱくぱくさせながら、
ジェスチャーで耳が聞こえないと訴えてきた。

Aがガクガクと振るえながら、
大急ぎで車を走らせる。

俺は絶対無音の中恐ろしくて、
後ろも振り返れなかった…

何か見てしまいそうで怖かったからだ。

トンネルを抜けても無音は変わらず、
あ゛ーあ゛ーと騒ぐも何も聞こえない。

10分程走り山道を抜けたあたりで、

「治った?」

とB子の声が聞こえ、
異常な現象が終わったと確認できた。

B子とC美は、
後部座席で怖かったとワンワン泣きじゃくり、
情けない事に俺も、安心したのか
ボロボロと涙を流していた。

Aはトンネルから出る時点で泣いていたので、
全員で泣きながらのドライブとなった。

やっとコンビニを発見し、
ホットコーヒーを買い落ち着いたところで、
全員でさっき起きたことについて口々に語りあった。

俺とB子、C美が興奮しながら、
何も聞こえなくなった事を熱く語っていると、
Aが

「俺、お前等おかしくなってすげー怖かった」

と、また泣き出した。

実は、何故かAだけは何事もなく聞こえていたらしく、
笑っていた俺達が、突然大声で

「あ゛ーあ゛ー」

「何コレ?何も聞こえない」

「助けて!」

などと言い出し、
全員狂ったんじゃないかと思い怖かったんだと、
涙ながらに打ち明けた。

その後、とくに何事もなく日々を過ごしているが、
今でもトンネルを通ると思い出し、
洒落にならないほど怖いといっている。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5863-c5498e1f