fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】初恋

【じわ怖】初恋

スポンサーリンク



幼い頃で記憶が曖昧になっているのもあると思うけど、
今でもあの光景は忘れらない。

見間違いだったとは絶対に思えない。

あの時はただワケが分からず、
ただただ怖かっただけだけれど、
後に、俗に言われる『曰く物件』だったことが判明。

そして、
個人的にちょっと切ない思い出でもあり、
書き出したら長くなってしまいました。

幼い頃ゆえ不明瞭な部分もありますが、
ご了承ください。

たぶん3歳の頃、
家が古かったために完全に壊し、
同じ土地に再度新築で立て直すことになり、
1年か半年くらい、
建築作業の間は借家で暮らす事になった。

その借家というのは、
家を担当する大工(父の友人)が紹介してくれた不動産屋が、
超格安(そう聞いてる)で貸してくれたものらしい。

祖父、父、母、姉、自分と5人で暮らすには、
少々狭くて古めかしい家だったけれど、
特別な不自由はなく、
狭いながら楽しく暮らしていた。

が、家に慣れてくると大体の構造が分かってきて、
概観から見ても、
どうやら屋根裏部屋があるらしい事が、
外から見える小さな窓からもわかった。

家の中からでも、
収納式の階段があるのも分かった。

しかし、使用された形跡は無い。

家財道具を借家の中に納め、
使っていないものが入った段ボール箱までひしめき合うため、
非常に家が狭くなっているのに、
なんで屋根裏を使わないのだろう?と疑問に思っていた。

そのことを聞くと皆、

「あの階段は急だから絶対に使っちゃダメ」

「屋根裏部屋は掃除してないからいっちゃダメ」

と、口をそろえた様に言う。

そうなると、
好奇心旺盛な年頃としては、
秘密基地のような感覚でそこに行ってみたくなる。

ダンボールを何段か重ね、
収納された階段を引っ張り出すための紐を伸ばすと、
ぎぃっと大きな音を立てて階段が降りてくる。

折りたたまれていた階段は綺麗なもので、
埃なんかは積もっていなかったので、
そのまますたすたと上っていき、
天窓に手をかけた。

空けるにつれて、
蜘蛛の巣が張っているのなどが見えてくる。

そして、想像以上に薄暗い。

その時点で躊躇してしまったけれど、
窓のカーテンでも閉まってるんだろう。

それを開ければ明るくなる、と思い、
そのまま上りきる。

まず目に入ったのは、
埃・埃・埃。すごい厚さ。

思わずうわぁ~と声を上げて見回すと、
薄暗い部屋の視界に人影が映る。

女の子?

髪の長い子で、
なにかぬいぐるみで遊んでいるようだ。

本来ならば、
この時点でおかしいことこの上無いのだけれど、
一時とはいえ慣れた土地を離れ、
幼馴染たちとも会っておらず友達がいなかったので、
ぜひとも声をかけたかった。

埃が舞い上がらないように、
静かにその子に近づいていく。

「ねぇ、なんでこんなところにいるの?」

なんて声をかけつつ。

しかし、彼女は答えない。

というよりは、
聞こえているけれど、
反応しないようにしているような感じ。

その子の隣にしゃがむ。

同い年くらいというのが分かった。

髪の長い子で、
ピンクの熊のぬいぐるみの腕を持ち、
いろいろなポーズをさせていた。

「僕この家に住んでるの」
「どこから来たの?」
「名前は?」

など声をかけるが、反応が無い。

こうも無視されるとさすがに、
感じわる~とか思っていると、
彼女がふと顔を上げてこちらを向き、

「私はめぐみ」

って紹介をする。

どきっとする。

彼女があまりにも可愛かった。

一目ぼれだったんだろう。

たぶんこれが初恋。

なぜこんなところにいるのかと聞けば、
お父さんに怒られて怖いから隠れている、ということらしい。

それからは、取り止めの無い話をしていたと思う。

でも、彼女を目の前にすっかり舞い上がった為、
自分の話しかしていなかったと思う。

それでも、彼女はうなずいたり微笑んだり。

一階の居間にある時計が時間を告げた時に、
祖父がそろそろ帰ってくると思い、
天井裏に行ったのがばれるので、
彼女に別れをつげ、また来ることを約束し、
そのまま一階に降りて階段をしまう。

手を振りながら微笑んだ彼女が忘れられない。
(思い出なので美化されてる部分もあるでしょうが)

が、出す時は紐を引っ張ればいいのだけれど、
戻すには階段を押し上げる必要があり、
いくらダンボールを積み重ねても、
力がない上に必要な身長もないので、
戻すことが出来なかった。

このままでは祖父に怒られると思い、
ダンボールだけを片付け、紐をしまい、
少し落ちていた埃を片付ける。

そのすぐ後には祖父が帰って来たが、
階段が勝手に落ちてきたと説明をした。

何度もしつこく上には行ってないかと聞かれたが、
彼女と会えなくなるのが怖かったので嘘をついた。

もちろん彼女の話はしない。

階段が勝手に落ちてきたということではあぶないので、
と頑丈に閉められ、
引き出すための紐は取り外されてしまう。

その後、自分ひとりの時には、
なんども階段を出そうと試行錯誤を繰り返していたが、
それが出来ず、結局は家が完成し、
引越しする日が迫ってきてしまう。

引越しの日、自家用車で借家と家を往復を繰り返して、
荷物を運んでいる時に、自分ひとりが家に残ることになった。

特に暇を持て余している時、
ふと父の釣竿が目に入る。

伸縮自在で、
先っちょには糸を通せる枠が付いてる…

これならばと、その釣竿を使い、
階段の紐を縛る部分に引っ掛けようとする。

引っ越しても会いたい。

別の場所でもあいたい。

どこに住んでるか知りたい。

もう一度彼女に会いたい。

せめてお別れだけでも言いたい。

階段を出したことで怒られるのもかまわない。

そんな怒られる時の事なんか
頭になかったかもしれない。

その一心で重たい釣竿を操り、
階段を引き出すことが出来た時は、
文字通り飛んで跳ねて喜んだ。

ばたばたと階段を上がり天窓を開ける。

かび臭いのも、
誇り臭いのも気にならない。

彼女はいないのかと、
天窓から顔をだして見回す。

前の位置には彼女はいなかった。

そのまま首を回していき、
ちょうど階段を上って背後にあたる部分に顔を向けた時、
なにかがある?

目の前になにかがあるのが分かった。

近すぎて一瞬視点が会わなかったが、
すぐにそれが女性の顔だと分かった。

距離にして数センチ。

顔はぱんぱんに腫れ、
青く充血目から涙のように、鼻から口から、
良く分からない半透明の液体が流れていた。

幼いとはいえ、
それが人間ではないと直感し、
悲鳴を上げることも逃げることもできず、
ただただ恐怖に固まる。

その女性が愛想笑いのようににやっと微笑むと、

「私の子に近づかないでね…」

と、ぼそっとつぶやく。

「わかったぁ~?」

この「ぁ」のところで、
糸を引いて大きく口が開いた時に、
前歯が粘液に包まれたまま抜け落ちるのが見えた。

目が覚めた時には、
「目が覚めた」と叫ぶ姉の声が聞こえてきた。

どうやら、あの後階段からすべり落ち、
失禁しつつ白目を向いて気絶していたらしい。

打ち所が悪くてこうなったのだと思い、
急いで病院に向かうところだったらしい。
(けが人を動かさずに救急車、という考えはなかったようです)

そのときの話をしても、
怖いテレビの見すぎだとか皆いっていたけれど、
目はみんな恐怖していたのを見逃してなかった。

失禁にしても、階段から落ちてからではなく、
階段の天窓のあたりから失禁しており、
天井部屋を覗いた時のものであることが分かっていた。

誰一人天井部屋を覗いた事を咎める事もなく、
ただただ「忘れろ」といわれるだけで、
誰にも話してはいけない出来事として封印し、
つい2・3年前まで記憶から消えてしまいそうでした。

父が亡くなり、
その後祖父の葬儀にて写真の整理をしていると、
借家に引っ越した日の記念写真が出てきた。

それで、ふと幼い頃の思い出がよみがえってくる。

幼い頃から封印していた記憶なため、
あれは夢だったのかもしれないと思ったけれど、
その話をすると姉は、

「やっぱりおぼえてたか」

と言う。

家族の間でも、
誰にも話しちゃいけない話としてみんなが覚えていたようで、
父と祖父が本気でお払いを考えていた事などを、
面白半分に話していた。

あの家は、

『過去に子供が天井部屋で死に、
奥さんがその同じ部屋で首をつって死んだ』

という曰く付きの家で、
1階こそなにもないが、

『天井部屋は必ずなにかしら起こる』

といわれる場所だったそうだ。

家を建てたばかりということで、
できるだけ出費を抑えたかった両親は、
何度か一階で泊まったりし、
二階以外はまったくなにもないことを確認し、
それを承知で借りたそうだ。

めぐみという彼女のことも気になり、
借家の時に世話になった不動産屋に行くと、
暇だったのか、当時の記事をひっぱり出してくれた。
(聞かれたら答えなきゃいけないため、
そういう記事はスクラップしているそうです)

それは引っ越す7年ほど前の記事で、
4歳になる子がなにかいたずらをしたのか、
父親に殴られ、そのまま天井部屋に閉じ込められたが、
翌朝そろそろいいだろうと様子を見た父親が、
死んでいるその子を見つけたというもの。

そして、さらにその1年後の記事。

その後両親は、
その家は引き払っているのだ。

が、その約一年後には、

『その母親がその天井裏で首をつって死んでいるのが見つかった』

という記事。

当時だれも借家にはおらず、発見が遅れ、
見つかった時には腐乱がひどかったそうです。

最重要視とはいえ容姿だけで惚れるということはなく、
これ以後一度も一目ぼれを経験した事が無く、
一目ぼれしたその子はそんなにかわいかったのか、
と思うと残念でなりません。

初恋は実らないって言うけど、こらねぇべ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5832-08b53419