fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】取り囲まれた家

【じわ怖】取り囲まれた家

スポンサーリンク



我が家で起きた洒落にならない話。

私がまだ実家で生活していた頃、
度々金縛りや怪奇現象に合っていました。

ある日の晩、
ベッドの上で本を読んでいたときでした。

突然身体が引っ張られベッドから落ち、
そのままドアの近くまで移動。

ビビリながら足元を見ると、
ドアから異様に長い腕が生えているのです。

しかも、私の足首をしっかり握っているんです。

コレはやばいと感じた私は、
知っている限りのお経を唱え、
死んだひいばあさんに助けを求めました。

それでも足を掴まれている感覚は無くなりません。

じりじり引っ張られ、
足の裏にドアがあったたところで気絶したのか、
気がついたときには腕はありませんでした。

まだ外も暗かったので寝なおすことに。

そしてウトウトしはじめた時でした。

隣の妹の部屋から、
ものすごい家中に響きわたる絶叫が…!

もしや、さっきの腕?

そんなことも頭に浮かび、
ベッドの上でプチパニックに陥っていました。

程なく父親が妹の部屋に着き、

「何だこれは…」

という声が聞こえました。

父に呼ばれ行って見ると、
妹はベッドの上で泣いていました。

片足が3倍くらいに腫れ上がっていました。

すぐに救急車で病院に運ばれ、
下された診断は複雑骨折。

妹はベッドの上で寝たまま、
足の骨が砕けてたのです。

「女の人がものすごい力で足を掴んだ」

妹は父にそう言ったそうです。

その話を聞いてハッとした私は、
自分の足を見ました。

私の両足首には手形はついていませんでしたが、
10センチ幅くらいの水ぶくれがありました。

そして、妹の足にも同じものがありました。

結局、
妹は3ヶ月くらいで退院できたのですが、
それからが大変でした。

当時高校1年だった妹ですが、
度々学校で問題を起こすようになりました。

自宅でも同様でした。

何かに怯え、自傷を繰り返すのです。

困り果てた私たち家族は、
メンタルクリニックに妹を連れて行きましたが、
悪化するばかりでした。

その頃、近所では火事が続いていました。

妹が骨折したのが5月22日。

最初の火事が6月22日、8月22日、10月、12月、2月と。

出火原因は様々でしたが、
地図上で確認すると、
三角形をつくるように火事が起きていました。

ある一軒の家を取り囲むように…

さすがに3件目辺りから

「偶然じゃない」

と囁かれ始め、
2月の火事の後、
自治会で御祓いが行われました。

御祓いの席で、
私たち姉妹は一番前に座らされました。

私は妹が暴れ出したりしないかと、
ハラハラモノでしたが、
御祓い自体はあっさり終了。

その後語られたことには、
かなりショックを受けました。

40数年前、
ある男(イカレていたらしい)が
隣町で事件を起こしたそうです。

連続強姦殺人。

強姦し、
刀を使って女性をメッタ刺しにし、
山に遺棄していたそうです。

犯人は死刑になっていませんが、
その男の生家はまだ残っています。

それが火事の中心になっていた家です。

犯人が死刑になっても怨みは残ってたようで、
こういう事態に陥ったと、霊能者は語りました。

そして、私たちに話が及びました。

犯人が使った刀は、
我が家から持ち出されたモノだったそうです。

祖父は心当たりがあるらしく、
血の気が引いた顔をしていました。

「犯行に使われた刀の対?の刀があるから手放しなさい」

と言われ、
祖父はすぐ自宅から刀を取ってきて、
霊能者に託しました。

そして霊能者は、

「あなた方姉妹は、これからも見る事になるでしょう。
お姉さん(私)は大丈夫。
妹さんは少々心配ですが、
護りをオロシタから、もう大丈夫」

『護りをオロシタ』って意味は不明ですが、
それからの妹は自傷行為もなく、
平和に暮らしています。

一方私は…
相変わらず見えることがありますが、
被害はありません。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5819-52a89bfc