fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】NOBODY

【じわ怖】NOBODY

スポンサーリンク



朝、起きたのが10時だった。

「もう、10時か・・・」

現在、大学は9時半から始まるワケだが、
いつも少し遅刻して行く自分は焦ることはなかった。

ちなみにオレの家から大学まで3分ぐらいで着く距離。

朝食(前日の残り物)を食べダラダラと支度をしてたんで、
結局大学に着いたのが10時24分。
(携帯で確認)

大学の中にはヒトは全くいなかった。

というかゼロの状態。

自分は

「皆、授業にちゃんと出てて偉いな」

そんなことを思っていた。

それで、自分は教室に向かった。

教室に着き、
中に入ってみると誰もいない。

「アレ?もしかして教室間違えた」

と思い、紙で確認したら、
やっぱし今日の講義がある教室。

おかしいなと思い、
部屋を出ようとした瞬間に携帯がなった。

ここからが一番不思議なことなんだけど、
その携帯の表示が『NOBODY』って英字でかかれてたのよ。

こんな英字とかって絶対に表示されませんよね?

オレはこの時何を思ったか、
電話に出てしまった。

「はい、もしも…」

と言った瞬間に、

『お前、何でここにいるんだ!!』

おっさんの声だった。

「あなた誰です?」

『そんなことはどうでも良い!!
どうやってここに入ってきた!!』

「はい?あなた何を言ってるんですか?」

『外を見て見ろ!』

「いたずら電話は止めてください!!」

といい、オレは電話を切った。

「…」

しかし、少し気になり、
教室のベランダ(2階)から外を見て見た。

すると、教室から大学のグランドが見える。

その中央にオッサンが立っているのが見えた。

よくよく見ると、
携帯電話らしきものを耳に当てているのが見えた。

オレがマジマジとおっさんらしき人物を見ていると、
おっさんがオレの方にゆっくり顔を移動させた。

ヤバイ!!

オレはそう実感した。

すると、おっさんポケットに手を入れたんだ。

オレは何か分からないが危険と察知して、
ベランダからダッシュで出て教室から出た。

その瞬間、
体が伸びるような、
初めての感覚に襲われた。

「な、なんだ!!」

と思っている時、目が覚めた。

自分の部屋でオレは寝ていた。

時刻は8時丁度だった。

不思議な夢を見たな。

そう考えながら大学の準備をしていると、
ある異変に気づいた。

冷蔵庫を開けると、
前日の夕飯の残り物がなかった。

台所にその食器だけが置いてあった。

オレは、今でも思う。

あの時見た、
おっさんは時の番人ではないのか?

ちなみに、おっさんの声も、
見たときの姿などは一切覚えていない。

でも、おっさんだという感覚だけは覚えている。

なぜかは分からないが…。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5770-4e5bf5e1