fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】山小屋と雪

【じわ怖】山小屋と雪

スポンサーリンク



昔ね、2~30年前の話。

山小屋があってね、
春になって雪が溶けてから、
係りの人が鍵を開けに行ったって。

そしたらね、
中で人が亡くなっていたって。

男の人だったって。

迷ってしまったのか、
雪に降り込められて下山できなくなったのか、
それはわからないけど、
多分その人はお腹がすいてすいて、
仕方がなかったんだろうね。

口からね、綿がはみだしていたって。

山小屋なんて言っても、
泊まれるような施設ではないの。

地元の人が山菜採りなんかに行って、
雨宿りしたり弁当食べたりする程度の所でね、
座布団がいくつかあったって。

その男の人の腹の中から喉から口まで、
座布団の綿しか入ってなかったって。

近所の人は、
みんな不思議がったって。

だってその山小屋は、
近くの家まで歩いたって1時間もかからないはずなんだって。

「怪我もしてないのに、
なんで助けを呼ばなかったんだろうね」

って。

それ聞いた年寄りの人がね、
こう言ったって。

「雪に誑かされたんだね」

って。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5740-eb4434c9