FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】背後霊が見える

【じわ怖】背後霊が見える

スポンサーリンク



俺の高校時代の友人の弟(当時小学4年生)は、
背後霊が見えると言っていた。

弟が見えるようになったきっかけは、
教室にいる時に稲光が「ピカッ」と光った時かららしい。

そういう時はみんな窓の外を見るものだが、
弟は教室内を見ていたのだった。

そして、2度目の稲光が光った瞬間、
友人達の頭上に白い煙のようなものが見えたそうだ。

なんでも弟いわく、

「病気の人やまもなく死ぬ人は、煙が薄いか無い」

との事。

彼のおばあちゃんが亡くなる1年前に、
笑顔で接するおばあちゃんに突然涙目で

「死んじゃイヤだ」

と言ったのは、
友人(彼の兄)の記憶にも強く残ってるらしい。

弟が背後霊を見るときは、
相手に背中を向け、
振り向く事で見えると言う。

奇妙な格好だが、
「振り向かないと見えない」らしい。

友人達は面白がり、
こぞって見てもらっていたが、

「きれいな服を着てる人」や
「着物を織っている人」など
背後の霊を教えてくれるが、
最後に「A兄ちゃんは46年後」とか
「B兄ちゃんは58年後」とか言う。

「何の事?」

と聞いても笑って教えてくれない。

どうやら『死期の予告』らしい。

俺はそれが怖くって遂に見てもらえなかった。

その他にも家族の危険を察知した事や、
弟が『見える』ようになってから起こるようになった、

『ラップ現象(弟いわく見える人の所には霊が訪れやすいとの事)』

等の話もたくさんある。

なぜ彼が背後霊や死期を見れるのかはわからないが、
いたって自然に受け入れていたのが今になるとちょっと怖いかも。

今、彼は24歳。

悟りでも開いているのかなぁ。

今思うと、
俺も見てもらえばここで『死期』を公表できたのに!
と、ちょっと後悔。

連絡して見てもらおっかな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5683-1de719ab