fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】錦糸町のオバサン占い師

【じわ怖】錦糸町のオバサン占い師

スポンサーリンク



忘れもしない2002年10月。

会社の帰り。

タイムカードでは21時頃だった。

俺と同僚は錦糸町駅の高架橋をくぐって歩いていた。

高架橋の中にオバサン占い師がいた。

目をつぶってて、
妙に怪しげな動き?をしていたのを覚えている。

無視して通り過ごそうとしたら、占い師は

「お兄さんたち、1分でいいから話を聞いてよ」

という。

すごく綺麗な声だったのが
かえって怪しく聞こえてしまい、
なんだ新手の客引きかよと友人は

「急いでるんで。じゃ」

と高架橋を抜けた。

で、
駅について定期で入ろうとすると
改札で止められた。

同僚も改札でひっかかっている。

あれ?

期限まだ切れてないぞ?
と定期を見る…大丈夫だ。

よく見ると駅前の様子が何か違う。

同僚が叫んだ。

「あれーーーー??ここ稲毛駅だぜ??」

「ええええええええええ?!?!」

怖いというより、
びっくりして動転して
俺達はまじで改札で絶叫してしまってた。

稲毛駅の人ごめんなさい。

同僚がちょっと漏らしちゃったので
トイレで着替えた後、
結局、その日は電車に乗って帰った。

怖くないけど本当の体験だよ。

そういえば占い師の顔とか動きとか
普通じゃなかったな。

話を聞いてたら何かあったのかな。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5679-319e88cd