fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】集団予知夢

【じわ怖】集団予知夢

スポンサーリンク



これは私が去年、
バイト場で体験した話です。

私のバイト先は超大型食品スーパーで、
一日11時間労働など当たり前です。

社員に至っては13時間働く人も。

そんな人手不足の中、
納品が79台と大変多いときがありました。
(普段は30台~50台)

そのときは私がバイト仲間に電話しまくって、
5人が臨時で来てくれることに。

k氏、y氏、o氏、i氏は到着したのですが、
最後の一人のt氏がいつまで待っても来ない。

とうとう時間になっても現れず、
その日のバイトは総勢12人で、
深夜3時まで続きました。

翌日は日曜日で、
朝6時から開店なので、
あと3時間しかありません。

y氏「あと3時間後にはまた労働かよ~…」

k氏「辛すぎだよなぁ~」

私 「それはそうと、t氏はなぜ来なかったんだろ?」

y氏「知るか!あんな裏切り者!」

i氏「つか俺、このバイトやめたいよ…」

o氏「まぁまぁ、それよりみんなこの後どうする?
三時間しかないなら、このままホテルで寝ない?」

私 「あ!それいいかも!俺はその話乗った!みんなは?」

k氏・y氏・i氏「俺たちもいいぜ」

o氏「よし!決まり!この近くのムーン○○ト行こうぜ」

一同「そこラブホじゃねぇかよ(笑)」

o氏「まぁいいじゃん(笑)」

などと会話は進み、
ホテルへ向かう一同。

ホテルへ着き部屋を取り、
みんなで川の字で床についたはずでした…。

ところが寝始めて一時間もしない内に、
みんながみんな起きはじめたのです。

o氏「…なぁ…t氏が夢に出てきた…」

私・y氏・i氏 「俺も…」

そこでみんなは自然と口ごもって、
何も言わず固まってまた寝始めました。

後日、
この話をこの面子でしたとき、
みんな見た夢は一緒だったのです。

「79台かよ~…。何時になるかわかんねぇな~」

などと呟くt氏。

私たちはバイクを運転するt氏の斜め後ろで、
一部始終を見る羽目に。

そこはお世辞にも見通しがいいとは言えない、
十字路なのですが、
t氏は信号が青なので、
ノンストップで通過しようとしたとき、
信号無視のトラックの側面に突っ込んで行きました。

t氏は即死。

トラックはひき逃げで、
そのまま闇に消えていきました。

ここでみんな目を覚ましたのです。

日曜日になってもt氏とは連絡がつかず、
朝6時から働き始めて、
休息を入れながらもう時間はpm9時。

みんなで冷凍食品の品だしをすることになり、
超大型冷凍庫に入ることに。

目的の商品を取り出し、
私とy氏で扉を閉める。
(錆びてて重いんですよ)

品だしをすること30分ほど。

社員「おいy!ちゃんと扉閉めろ!溶けちまうだろうが!」

y氏・私「ちゃんと閉めましたよ?」

社員「5cmくらい開いてたぞ」

ここでy氏と私は目を合わせ、
一緒に扉を閉めにいきました。

仕事に戻り5分もしないうちに、
同じ社員から同じことを言われる。

さすがにおかしい!という事になり、
休憩を貰い、冷凍庫がなぜ空くのかy氏と私で見ることに。

ガチャン!と大きな音を立てて、
完全に閉まる重い扉。

この扉は開けるときも、
物凄い力を必要とする。

扉を見守ること早8分。

y氏「あかねーじゃん」

私「だねぇ」

などと談笑になり始めたそのとき、

「ガチャ…」

と、扉が5cmほど開いたのです。

y氏と私は目を見合わせ、
何かの間違いだろうと再度を扉を閉める。

今度は閉めて30秒もしない内に、

「ガチャ…」

と開く。

流石に怖くなったので、
社員に扉が壊れてると話し、
バイト仲間全員で商品を第二冷凍庫に入れ替える。

しかし扉は壊れておらず、
ただの骨折り損くたびれもうけとなってしまった。

このまま仕事を続け、
仕事を終えた後、
昨日の面子で冷凍庫を検証することに。

やはり、5分おきくらいに開く扉。

何度目だろうか…

3度…いや、4度ほど繰り返し、
また閉めたそのとき、

「なんで俺だけなんだよ…」

空耳ではなかった。

みんな聞こえていた。

その声は紛れもなく、
t氏のものだった。

翌日、
t氏の親がバイト場に電話して来て、
すべての事実を知った。

t氏は土曜の夜急遽バイトが入り、
バイクで慌てて出て行って、
例の十字路でひき逃げされて即死。

その事実を聞いたとき、
私たちは背筋が凍るような思いでした。

私たちはその日限りで4人一緒に辞めて、
それぞれバラバラの道を進みました。

これが私が経験した唯一の恐怖体験です。

そして、この話には続きがあります。

私達が辞めた後、
スーパーは極度の人手不足で一時閉店するほどに。

表向きは人手不足でしたが、
仲のよかった社員に真相を聞いたとき、
私は確信しました。

t氏が呪っていると。
話の内容は、
私たちが辞めて一ヶ月後に店長が謎の変死。

その後3日後、
今度は主任が過労死。

主任の死から一週間後、
食品担当の社員が自殺。

私達面子はみんなで集まりt氏のお墓参りをして、
その後二度と会いませんでした。

そのスーパーは、
今でも営業しています。

私達全員が辞めた後、
他店から派遣された新しい人達で再建したそうです。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5672-9718ae51