FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】霊感めいたものが強い友人の話

【じわ怖】霊感めいたものが強い友人の話

スポンサーリンク



友人の話。

彼は霊感めいたものが強く、
彼の家にも霊っぽい奴が居座っているらしい。

ある時、
風呂に入ろうと脱衣所で服を脱ぎ、
バスルームの扉をガラリと開けた。

風呂桶の蓋の上に、
たった今脱ぎ捨てた靴下がきちんと畳んで置いてあった。

同じ友人の話。

TVを見ていると、
時々チャンネルが勝手に切り替わる。

そのうち、その法則性に気が付いた。

切り替わった番組にはいつも深田恭子が出演していたのだ。


同じ友人の話。

椅子に座って机に向かっている時。

足の指を蚊に刺されて堪らなくかゆくなった。

掻こうと手を伸ばすと、
何者かにがっしと掴まれ阻止された。


同じ友人の話。

たまに歯磨きが洗面器の中にぶちまけてある。

神業のように完璧にチューブの中身が搾り出されているらしい。

だから、彼はいつも旅行用のミニ歯磨きを使っている。


同じ友人の話。

彼は読書家だが、
しばしば本に挟んでおいた栞が違うページに移動している。

今、彼は移動先のページを記録していて、
何か法則性が無いか調査している。


同じ友人の話。

ハラが下った時のこと。

トイレに駆け込もうとしたが、
ドアが開かない。

彼は一人暮らし。

さすがにせっぱつまってブチ切れた。

テメー、開けろ、ゴルァ!!!!!

瞬間パタンとドアは開いた。

悪いヤツじゃ無さそうだ。
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5505-29433e9d