FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】見知らぬ女の子

【じわ怖】見知らぬ女の子

スポンサーリンク



幼いころの、
自分としては洒落にならない話です。

と言っても、
はっきりしない記憶なのですが。

確か夕方だったと思うのですが、
私は一人で留守番をしていました。

しばらくテレビを見ていたのですが、
そのうちすっかり飽きてしまい、
なんとなく窓を開けて外を眺めました。

すると、突然アパートの隣室の窓が開いて、
女の子が半ば体を乗り出すようにして顔を覗かせました。

私より2、3歳年上らしい見知らぬその女の子と、
何か会話をしたような気もするのですが、
その内容は憶えていません。

そのうち女の子は、

「外で遊ぼう」

と言い出しました。

私は

「ドアが開かない」

と答えました。

すると女の子は、

「窓から出ればいいのに」

と言って、
笑いながらヒラリと手すりを越えて飛び降り、
下の草むらにポンと着地しました。

「早くおいでよ」

と手を振っているのを見て、
私も『なんだ簡単じゃん』と思って、
続いて降りようとしました。

その時、背後で悲鳴が聞こえ、
次の瞬間、私は畳の上に投げ倒されてました。

見上げると鬼のような形相の母がいて、
私はおしっこをチビリました。

そこは3階でした。

もし窓から飛び降りていたら、
軽い怪我では済まなかったでしょう。

年が経つにつれて、

『あの時母の帰りがもう少し遅かったら』

と思って、ゾッとするようになりました。

ついでですが、
アパートの隣室に子供はいなかったそうです。

私が

「だって、さっき隣の窓から飛び降りた子がいたもん!
平気だったもん!」

と言い張るので、母が確認しに行ったのです。

隣室の老夫婦は、
そんな女の子は全く知らないと言っていたそうです。

お陰で私はウソツキだと叱られ、
一週間のおやつ禁止が言い渡されました。
(3日目に恩赦が出ましたが)

もしかしたら、私の見間違いか、
空想の産物なのかもしれません。

でも、幼い子供が窓から転落して死亡した、
というニュースを見るたびに、
あの女の子のことを思い出してしまいます。

幼い子供さんをお持ちのかた、
どうか気を付けてください。

「もし窓の外で誰かに誘われても、ついていっちゃ駄目よ」

と、念のために教えてあげてください。

バカみたいかもしれませんが、
でも万一ということがありますから。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5447-7f6a18b6