FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】いつか見た子供達

【じわ怖】いつか見た子供達

スポンサーリンク



今までで一番不思議だった経験。

二年ほど前、
夜中に小腹が空いて、
部屋でカップうどん食ってたのね。

そうすると、
な~んか変な感じがあってさ、
人に見られてるようなそんな感じ。

ふっと横をを見たのよ。

そしたら、
何かたんすの前のあたりの空間?を開いてたような感じで、
何か子供がこっち覗いて笑ってるの。

一瞬でぞぞ~~~ッと体中に悪寒が走って、
金縛り状態になってさ、
1分ぐらいかな?
その子とじーっと見つめ合ってたわけだ。

少し時間がたってさ、
あれ?この子の顔見たことあるな…と思ったら、
そのこがニイって歯を剥き出しにして笑ってさ、
パタっと空間か何かを閉めて消えちゃったんだよ。

しばらくしてやっと動けるようになってさ、
あの子が見てたところを見ても何の異常もない。

でも、あの子の顔は見たことあるな…誰だったっけ…
と、ず~っと一晩中考えてたのね。

考えても考えても思い出せなくて、
そのうち諦めて寝ちゃったのよ。

翌朝、夢で見たのか何か知らないけど、
起きたらその子のこと思い出しててさ。

まあ誰だったかと言うと、
よくある話なんだけど、
子供のころ自分だけが知っていた友達って奴だったのよ。

家でも遊んでたはずなのに、
何故か親は知らないってタイプのね。

どんな子だったかというと、
ちっちゃいころ、まあ、いろいろあって友達がいなかった自分とさ、
遊んでくれてた少し上の年の男の子。

小さなころはほぼ毎日その子と遊んでたのね。

田舎だったから、
近所の小さな山で走り回ったりしてさ。

んで、
一番鮮明に思い出したのが、
今回の件に関連する事でさ。

夏休みも終わりに近くなった休日。
(親が家にいた記憶があるからね)

ちょっと離れた神社に、
その子につれてってもらったわけ。

その子が言うには

「面白いもの見せてやるよ」

ってことで、
期待してついてったのね。

んで、神社の横に回ったら、
何か小さな扉みたいのがあるわけ。

戸袋っていうんだっけ?

あんな感じのさ。

そしたら、
その子はその扉を空けて、
何か楽しそうにしてんのね。

「何見てんの?」

って聞いたら、

「見たい?」

って聞くのさ。

もちろん

「見たい」

って答えると、

「見せてやんない」

とか言うわけ。

意地悪されたと思ってさ、

「見せてよ!」

って言って、
軽い喧嘩になったの。

でも結局見せてもらえず、
その日は泣いて帰ったわけ。

でも何か気になるでしょ?

そういうのって?

だから、
次の日かそのまた次の日かわかんないけど、
まだ夏休み中だった日にさ、
一人で見に行こうと思って、
初めて一人で遠出したわけ。

うろ覚えだったけど、
二時間ほどかかって、
何とかそこまで行けたのね。

そんで神社の裏手に回って、
扉の前でしばらくドキドキして。

よーっし、
と覚悟を決めて開けたら、
そこは何か普通の部屋でさ、
大人がひとり漫画読んでたの。

ボケ~っと見てたら、
その大人の人が気付いてさ、
何か「ヨッ」とか言って笑ったの。

ビックリしちゃって、
何も言わずに閉めて逃げ出してさ。

でも気になるから、
戻ってもう一度開けてみようと思ったら、
扉がないのね。

あれ?間違えたかな?と思って
しばらく探してたんだけど、
やっぱり扉はなくてさ。

何か夢でも見たような感じで、
帰ろうとしたんだ。

そしたら男の子が出てきて、

『見たなー食ってやる!』

ってな具合にお約束だと進むんだろうけど、
そんなことはなくてさ。

単純にガキだから帰り道がわかんなくなっちゃって、
近所の商店街みたいなところで泣きそうになってたのね。

そしたら男の子が出てきて、
何も言わずに家まで送ってってくれたの。

とまあこんな感じで、
その後少しして引越ししちゃって、
男の子とは会えなくなっちゃってさ。

手紙を書こうとはしたんだけど、
親が知らないって言うから住所もわかんなくて、
そのままそれっきり。

とまあ、
ここまでが思い出した話でね。

で、俺が見たのはその男の子だったから、
しばらく後には自分が見に来るのかな?と思ってたのね。

そしたらやっぱり来ましたよ。

男の子が来てから1ヶ月ぐらい後でした。

眠れなくて夜中に漫画読んでたら、
最初と同じように視線を感じて、
ふっと見たら、
バカ面下げた自分がビビッテた。

自分も予想はしてたといえビビッちゃってさ、

「いょぅ 」

ってな感じ声ひり出して、
薄ら笑いみたいな感じでなんとか笑ったのね。

したらガキの自分はびびっちゃって、
いきなり消えちゃってさ。

こっちも緊張が解けて、
しばらく気の抜けた状態になってましたよ(笑

まあ、ここで終わりです。

乱文垂れ流し失礼しました。

興味深かったのは、
子供のころの記憶で見た大人は、
確か自分のした顔よりも余裕があって、
にこやかに笑ってたような気がしたんですけどね。

子供から見るとそう見えてたってだけかもね。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5400-ddcb52fd