fc2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】座敷猫

【じわ怖】座敷猫

スポンサーリンク



3年ほど前の事。

家で一人でいると、
物陰やら天井裏やらがガタッとかカリカリカリとかいう。

最初はネズミかなーやだなーとか思っていたが、
ネズミじゃない。

歩幅・感覚・音の大きさがでかい。

ハクビシンか!?とあわてつつ
家に何か被害が無いかチェックしたところ何もない。

仏壇のお供え物にも変化無し。

何なのだ、
と帰ってきた家族と共に首をひねって考えていた。
(家族も、一人で家にいるときに同じ現象が起きていた)

確認した翌日の夜、
ベッドでさあ寝るかと横になっていたら、
(´・ω・`)<おどろかせてごめんね いごこちよかったの
と、たどたどしく猫がしゃべった。

うちは猫は飼ってないし、
家の中に入れるような侵入経路もない。

呆然としてその猫を見てると、
ごめんちゃい、とばかりに頭をぺこりと一つ下げ、
(*・ω・)<これからこのおうちにいいことがあるよ!
と一言告げて、しゅるりと透明になった。

一つ、肉球あしあとを残して(´∀`*)

翌週結果発表のジャンボで2等当たりました。

現在も物音は続いており、
先日はその幽霊猫さんは祖母と一緒に眠ったらしく、

「もふもふしてぬくいのに、不思議と暑くなかった」

と祖母は幸せそうに語っておりました。

座敷童ならぬ座敷猫のお話でした。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5246-7412ffca