FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】何かが当たった

【じわ怖】何かが当たった

スポンサーリンク



寝室で寝ていると、
トンと肩に何かが当たった。

その当たった感覚で意識が戻り(でも目は瞑ったまま)、
はて?と思いながらもまた寝ようとしていると、
またトンと、今度は肋骨の辺りに何かが当たった。

何だ?と段々意識がハッキリしてきて気が付いた。

布団が掛かっているのにトンは変でしょ。

目を開けると同時に、
腰骨とお臍の間にまたトンと。

で、傍らには黒い影。

でぇぇ?!なんじゃ!こりゃ!
と叫ぼうとしたと同時に、
首の付け根にトンと。

で、声が出ない。

このままでは、やばすぎるかも…
と、隣に寝ている旦那を起こそうとして気が付いた。

トンとされた右半分が動かない。

動く左半分をフルに使って、
左側に寝ている旦那を起こそうとしたが、
端っこで小さくなって寝ている旦那に届かず涙目。

左半分をトンされる前にと、
思いっきり左手・左足を振り上げて
体重をかけるようにドスン!と降ろすと、
ようやく旦那が目を覚ましてくれた。

旦那は寝ぼけ眼で私と黒い影を見て、

「家内がお世話になっています」

と言ってまた寝てしまった。

お世話になって無いだろー!
と叫びたいけど声が出ず。

再度左手足を振り上げると、
見事に黒い影にHIT&黒い影消滅。

消滅した直後に、

「もう…ヤダ」

と消え入るような若い男性の声が。

もしかして…

イケメンだったら悪い事をしたと、
今では後悔している。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5119-83cf1442