FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】古びたハードカバーの本

【じわ怖】古びたハードカバーの本

スポンサーリンク



うちの姉は弟である俺に甘く、
ブラコンに片足を突っ込んでいるような人なんだが、
昔その姉が不可解な言動をしたことがある。

姉が社会人になって1年ぐらいたったある日、
姉は上機嫌で俺の部屋を訪ねてきた。

手には古びたハードカバーの本を持っていて、

「やっと見つけた」

と一言だけ言って、
その本を俺に手渡してきた。

その本は不思議な本で、
最初の方のページの紙はやたらと古く、
後からカバーに無理矢理挟み込んだ感じだった。

中身の方も不思議な内容で、
かなり白紙のページがあり、
所々に色々な国の文字で文章らしきものが書かれていた。

後ろの方のページにはひらがなで書かれたページも多数あったが、
とりあえず文字を並べただけのような感じでかかれており、
内容は全然分からなかった。

俺が一通り目を通してから姉に本を返し、

「なにこの本」

と聞くと、
姉は

「気にしなくていいよ」

と返すだけで特に説明はしてくれなかった。

そして後ろの方の白紙のページに、
筆ペンでなにか書き込み始めた。

そのときに俺は、
その光景に強烈なデジャブを覚えた。

あの、姉によく似た姉じゃない誰かが同じような事をしていた光景が、
その姿に重なったような。

着物やドレスだったり、布みたいのを纏っていたり、
いくつかの同じような記憶が、
目の前の光景と無理矢理重ねられたような妙な感覚は、
今でも鮮明に覚えている。

結局、姉はなにかを書き終えると、
そのまま本を持って自分の部屋に戻ってしまった。

その後は今まで通り普通に優しい姉で、
あのときみたいな妙な行動をとることもなく、
時々あのときの事を聞いても、
はぐらかされるだけで細かい事は教えてくれない。

結局あのときの姉の行動はなんだったのか未だに分からない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5052-1ca6facb