FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】とある施設の奇妙な利用者

【じわ怖】とある施設の奇妙な利用者

スポンサーリンク



俺的に怖かった実体験。

今はもう辞めたんだけど、
少し前にとある施設の管理人(受付?)をやっていたんだ。

基本無料の施設で、
静かで冷暖房も完備してるからホームレスや中高生やヤンキー、
色んな人が来るんだけど、
その日の夜は特に奇妙な利用者が来た。

それは女で、
まるで顔を隠すように手で顔を覆いながら建物に入ってきたんだ。

挨拶をしたけど当然返事はない。

足取りはしっかりしていて、
一階ロビーの奥のソファに腰かけてた。

今日も変なやつが来たなーと思いながら仕事にとりかかって、
なんやかんやで仕事が終わったのが施設閉館一時間前。

最後に掃除でもするかとロビーにでたら、
さっきの人がまだ残っていた。

この時初めて不気味に思ったんだけど、
まだ顔を手で覆ってた。

これで姿勢が前のめりでうつ向き気味にでもなってたら、
なんか悲しいことでもあったのかな、とでも思っただろうけど、
そんなことはなく、
姿勢はまるで見本のように足まで揃えてきっちりとしていた。

入ってきてからずっとそうしてたのかと思うと怖くなり、
さっさと目に入らないところに移動して
早く帰ってくれるように祈った。

適当に掃除して、
戸締まりも確認してなんとか時間を潰してたんだけど、
結局その女は閉館時間まで帰ることはなかった。

戸締まりしてる時に気がついたんだけど、
外は雨が降っていた。

うちの施設では傘を忘れた人用のために
ビニール傘を貸出ししてるんだけど、
その女は鞄もなにもなく、
傘も持っていないようだった。

話しかけたくなかったけど、
施設は閉めないといけないので、
仕方なくそろそろ閉館時間だから退館願いますみたいなことを言って
傘を側に置いた。

そこからが異様だった。

女は傘を取ろうとしたんだけど、
手を決して顔からはなそうとしなかったんだ。

じゃあどうやって傘を取ろうとしたのかっていうと、
顔をおもいっきり傘に近づけて、
小指だけを虫の触覚みたいに動かして傘を指に引っかけてた。

そのとき指の隙間から顔が少し見えたんだけど、
タオル(包帯?)みたいなものが
肌が見えないくらいぐるぐる巻かれていたのが見えた。

こりゃいよいよヤバイやつだとか、
傘どうやってさすんだよとか思いながら、
その女が建物から出ていくのを見送った。

というか固まってた。

その日はそれで建物を施錠して帰ったんだけど、
その翌日、バキバキに折られた傘が玄関の前におちてた。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/5004-dba4dcac