FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】海で行方不明者が出たとき

【じわ怖】海で行方不明者が出たとき

スポンサーリンク



母は祖父が65の時の子で、
もちろん自分が生まれたときにはとうに亡くなっている。

もう70過ぎの母が祖父から聞いた話。

そのぐらい古い話。

母の実家は海辺の曹洞宗の寺で、
祖父が若い頃は曾祖父が住職をしていた。

海で行方不明者が出ると、
その家族が曾祖父の元に
不明者の『へその緒』を持ってくるのだとか。

舟を出して紐で縛ったへその緒を海に浮かべて経を始めると、
潮に乗って流れていきクルクルと周りはじめて、
沈む場所に不明者がいるのだと。

それを村の人がありがたがる様を何度か見て、
祖父は

「潮の流れが巻いてるところに何かが沈むのだから、
遺体だって寄せられるじゃないか」

と嘲笑ってたらしい。

祖父は自分が住職になって初めてへその緒を持ってこられた時、
同じようにやっても底に遺体はなく、
日にちが経つと浮かんで見つかる。

何度か機会があったが、
曾祖父のように成功した事はなかったそうだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4998-2c939359