FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】親のもつ小さな別荘

【じわ怖】親のもつ小さな別荘

スポンサーリンク



金曜夜~日曜にかけて
二泊で友人連れてバイクででかけた。

一泊目は東北のある宿にとまり、
二泊目はうちの親のもつ小さな別荘に泊まった。

別荘を買った当初は祖母がいて、
祖母のために和室もつくってあって、
泊まるときはそこを寝室としていた。

日曜の朝起きたら、
隣で寝ているはずの友人がおらず、
キッチンの椅子に座っていて、
俺が起きたのがわかると

「おい、お前、ここ出るんなら出るって言えよ!!」

と涙目で言われた。

寝起きだったこともあり、
てっきり虫のことかとおもって、

「虫、はいらんようにしてたんだけど、出たんか?
そこにスプレーがあるから…」

と説明をしだしたら、

「違う。幽霊!」

と怒られた。
(ちなみに、実際この別荘はめちゃくちゃ虫(蛾)が出るので、
入らないように窓あけないようにしたり、スプレーも数本常備している)

友人が言うには、
夜中に名前を呼ばれたような気がして目を覚ますと体が動かず、
お婆さんが自分の顔に覆いかぶさるくらい近くで

「○○…」

と呼びかけていた。

ただ、この○○は自分の名前じゃないので、

「お、俺じゃないです」

と必死で伝えて

「俺の名前は××です」

と伝えたんだが、
無視して何度も

「○○…」
「○○…」

と呼びかけていたらしい。

で、この○○というのが俺の兄貴の名前で、
実は10年近く前、
その友人と知り合う前に既に死んでいる。

海の事故で死んだんだが、
ちょうどこの少し前に祖母が入院したりしていたので、
祖母には兄の死を伝えないようにしていて、
そのまま祖母が死んだ。

もしかしたらだけど、
俺が来た→俺のちょっと年上の奴もきた→兄貴と勘違い、
という流れなのかな、とか。

ってことは、婆ちゃん、
あの世で兄貴に会えてないのかもしれん、
と思うとちょっと哀しくなってしまった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4939-8268d4dd