FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】不動産管理

【じわ怖】不動産管理

スポンサーリンク



宝石卸に努めてる時に、
遺品の確認(遺体が身に着けていた指輪の刻印から発注者を探す依頼が来る)とか、
不動産管理にいた時は、
申込者がオウム入信者かどうか警察に調べてもらったり(同時に警察も捜査するのかな?)とかしてた。

なぜか東大生の自殺が続いた部屋があったなぁ。

事故物件として情報を出してるけど、
相場より価格の低い部屋にめっちゃ食いついたんだよね。

頭が良い人は非科学的な事はやっぱり信じないのかな?なんて思ってたけど、
夜中に上の住人が騒いでてうるさくて眠れないとか苦情が入ってさ。

いやいや、今上の部屋は空室ですから…なんてやってたら、
あれよあれよと言動もノイローゼっぽくなって来てさぁ。

家主は

二人も自殺者が出るなんて!と
おまえんとこの入居審査はどーなってるんじゃ!
うちの物件を傷物にしやがって!と、
亡くなった学生さんへの弔いの気持ちは…そりゃ無いわな。

会社に損害賠償請求の裁判を起こすとファビョってたけど、
どーなったんだろ。
そうしてるうちに辞めちゃったのでわかんないや。

猟銃自殺や殺人なんかもあった。

老衰で1~2ヶ月放置なんてんも数十件あって、
特殊清掃にお世話になってた。

その時は、同じフロアに入居してた女医さんが、

「あのぉ、職業柄って言っちゃアレなんですが…
ちょっと普通じゃない匂いがするというか、なんていうか…遺体の匂い?」

みたいな連絡があって、
んなバカなと言ってたら、
女医さんご名答だった。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4824-a18388c2