FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】湿気

【じわ怖】湿気

スポンサーリンク



大学時代にアパートに一人で住んでいた。

別に特別古くも新しくもない、
平均的なワンルーム。

2年目の冬、帰宅後の習慣で、
俺は換気をのために窓を開けた。

その時なにか冷たい風にのって
何かがフワッと入ってきたように感じたが、
気に留める程でもなく、普通に生活していたんだけど、
それから部屋の中が異常に湿気ぽくなるようになった。

1年の冬はそんなことにはならなかったし、
梅雨でもここまではっていうくらい水気が凄い。

玄関にある備え付けの木製の下駄箱があっという間にカビて、
中はナウシカの腐海のような状況に。

部屋の隅の床や壁も、
どれだけ気を付けても水滴が浮き、
カビが生えるようになった。

敷金は帰ってこないだろうなと覚悟した。

それどころか、
別途でかかるかもしれないと思うと陰鬱だった。

また、その頃から、
部屋に自分の他にもう1人いるような気がするようになった。

掃除や換気にはかなりマメな方だし、
今までなかったことだから、
何か霊的な現象ではないかと思ったが、
貧乏学生に引っ越せる金があるわけでもなく、
そのまま住むしかなかった。

それに、何故か一過性のものだと感じていた。

急に始まったのだから、
急に終わるだろうな、くらいに。

それから3ヶ月くらいして、
ちょっと暖かくなってきたなーって思いながら窓を開けると、
外から入ってくる風とは別に、
部屋の中から何かがふわっと出て行った。

その瞬間から、
なんか部屋がすっきりして、
広くなったように思えた。

関係性があるかわからないけど、
そのすぐあと5万程度だけど宝くじが当たった。

退去時に追加でハウスクリーニング代が要ったから、
とんとんだったけど。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4809-85d22776