FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】行きつけのバー

【じわ怖】行きつけのバー

スポンサーリンク



友人の御主人が脳溢血で急逝した。

四十九日が明けてから、
友人が御主人行きつけのバーに御主人の死を伝えに行くと、
バーのマスターは御主人が亡くなったことをすでに知っていた。

週2回ほど、
気がつくとカウンター隅の席に御主人の幽霊が座っているのだと言う。

マスターは黙って御主人のボトルと氷と水を出してあげていたが、
御主人が消えるたびにボトルのウィスキーは微妙に減り続け、
とうとう無くなったので

「今は水割りを出してる」

とマスターは言ったそうだ。

「悪いから主人の名前でボトルを入れてきた」

と友人は語った。

ほの怖なのか、ほのぼのなのか、
マスターが詐欺野郎なのか、
自分にもよくわからない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4740-3ad281e5