FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】話し声

【じわ怖】話し声

スポンサーリンク



この前、
11時位に駅にあるバスターミナルの前の本屋に行った。

そんで店の中うろちょろしてると、
高校生の話し声が店の中に響いていた。

オタクっぽい高校生4人が漫画コーナーで話してて、
田舎だからそれ以外に客はいなかったみたい。

夜も深いけどある意味リア充してんなー、
とか思いながら店を出ようとしたら、
タイミング的にその子達と一緒に出る感じになって、
まぁ彼らは俺の事は無視して騒いでたんだけど。

そんで店の外に出て、
ちょっと離れたところに立ってタバコを吸い始めたんだけど、
その子達は店の前でたむろし始めて声はまだ聞こえてた。

田舎だから響くのかなって思って、
その時は気にはしてなかった。

で、高校生の会話を流し聞きしつつ、
元気だなあいつらって思って、
1、2分位して何気無くそいつらのいるであろう場所をみると、
そいつらはもういなくなってた。

でもまだ話し声は聞こえてた訳。

どこに隠れたんだよって思って、
辺りをみると建物の角に消えてく学生服が見えたんだ。

帰っていくんだよ。

その時はまだ、
馬鹿でかい声で話してるだけだと思ってたけど、
タバコを吸い終わる頃にも声のボリュームが変わらないんだ。

いや、あり得ないだろって思って、
全体が見渡せるようなところに移動しても、
本屋から移動しても音量が変わらない。

店にいる時は反響だと思ってたけど、
よく聞いても声がどこから聞こえてるかもわからない。

バスターミナルには自分の他に誰もいない。

それは田舎だからと思うけど。

会話の内容は普通に、
学校の○○がどうだとか、
××が馬鹿やったとか、
ただの馬鹿ガキの話なんだわ。

そんなよく聞けてなかったけどな。

それでもう怖くなって、

「なんなんだよこれ」

って呟いたら、急に声が止んだ。

それだけなんだけど、
本当に不可解。

頭がおかしくなったのかもしれん。

幻聴なら寧ろ助かります。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4698-834dd51a