FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】神社でお守りを買った

【じわ怖】神社でお守りを買った

スポンサーリンク



某神社に友人と参拝に行き、
お守りを買い帰宅。

私の家で友人と二人で駄弁っていたら良い時間になってしまい、
うちに泊まる事になったんだ。

ちなみに家は3LDKのマンション。

親と弟と同居。

私の家族が寝静まった深夜、
ふと部屋のドアを見たら薄っすら開いていた。

建て付が悪いので良くある事。

しっかりと締め直したのだが、
また少ししたら開いていた。

なんだよ…と思いドアを睨んでいたら、
ふっ…と黒い影が通った。

私の部屋は角部屋で、
影の進行方向の反対側は壁。

驚いて友人と顔を合わせ、
またドアを見る。

今度は、
猿の様な鬼の様なお面を被った子供が部屋を覗いて、
また通り過ぎて行った。

慌ててドアを閉める私だが、
友人は侵入者かもしれないと言い一緒に部屋を出た。

隣の弟の部屋の扉はキッチリ閉まっていて、
開閉の音もしなかった。

玄関を覗きリビングに行っても誰も居ない。

リビング横の和室で両親もいつも通り就寝中。

歩き回って疲れたし、気のせいだ、
という事になりもう寝る事にしました。

念のためにロフトベッドの頭元にお守りを置き、
二人寄り添って就寝。

友人は爆睡。

私はうとうとしていた頃、
ベッドの下に気配が。

気のせいだと思っていたら、
足元から

「ねえ、お守りちょうだい」

と子供の声。

声の方を見たら、
さっきの子供が立って居た。

ベッドと天井の間は立てるほどないのに。

「ねえ、お守りちょうだい」

再び催促され、
欲しいなら…と思い、
私の分のお守りを手渡した。

するとその子供はすっとベッドの下に降り、
気配を滑らせ居なくなった。

なんだあれは…と思い寝ようとしたら再び気配が。

今度はいきなり足元だ。

「お守り」

あげたのになんなの?と思っていたら、
友人の分が残っていたのを思い出し、
それを手渡した。

すると子供は居なくなり、
私は眠りにつき朝になった。

友人は爆睡して気づかなかったみたいだし、
家族に聞いても何も無かったと言う。

害はお守りが消えたくらいでなにもない。

だけど隙間が少し怖いから、
押入れ片付けてきっちり閉めた。

以上。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4585-e4fbf639