FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】事故後

【じわ怖】事故後

スポンサーリンク



高校生の頃、
友人がチャリで事故った。

チャリを飛ばしていると、
どっかのおばさんが車の助手席のドアを不注意に開けて、
それに激突したらしい。

友人は頭から道路に落ちて気絶した。

そのまま三日間意識不明に陥ったのだが、
四日目に意識を取り戻した。

俺は絶対安静が解けた友人を見舞いに行った。

先に見舞っていた連中から、
アイツ様子が変だ、
という話は聞いていたのだが…

病室に入ると、
友人はぱくぱくと夕食を食べていた。

俺の姿を見ても、
誰だか分からないらしい。

「おい、元気か?俺だよ、○○だ」

友人は箸を止め、
まじまじと俺を見つめた。

そして、話し掛けようとする俺に、
手のひらを見せて目を閉じた。

しばらく何かを思い出しているようだったが、
目を閉じたまましゃべりだした。

「三ヶ月前、電車に乗って一緒に●トリップを見に行った」

俺はいきなり何を言い出すのかと思って驚いた。

「ステージで元●●女優の××がポラロイドカメラを渡して」

友人は冷静に話しつづける。

「○○(俺の名前)は一枚千円の写真を二枚買った」

すべて事実なのだが、
なぜそんなことを言うのか訳が分からんかった。

「一枚はピンぼけだったので、五百円にまけてもらった」

記憶喪失がどんなもんだか知らんが、
友人はそれらしかった。

自分でもそう言った。

俺は勘で違うと思った。

うまく説明できないが、
目の前の男は友人じゃなかった。

なぜなら、鳥肌が立ち、
背すじがぞっとしたからだ。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4184-7be961e0