FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】駅の切符売り場で声を掛けられた

【じわ怖】駅の切符売り場で声を掛けられた

スポンサーリンク



ある時、出掛けようと
駅の切符売り場に向かっていた。

すると後ろから声を掛けられて振り向くと、
50代位のおじさんが立っていた。

おじさんの話はこうだった。

・自分は大工の棟梁である。
・訳あって入院中だが、直前まで手掛けていた家の上棟式が今日だ。
・皆にばれると止められるので黙って出て来た。
・今持ち合わせがないが、必ず返すので行きの電車賃を貸して欲しい。

おじさんの必死な行きたい!
と言う気持ちが伝わって来て、
1000円貸した。

で、自分も切符を買って電車に乗ろうと思ってた時、
ふとおじさんの言ってた事を思い出した。

おじさんは黙って出て来たって言ってた…

病院では問題になってやしないか。

事情だけでも説明しておこうと、
聞いていた病院に電話を掛けた。
(おじさんは病院名、病室の番号、自分の名前を言っていた)

病院に電話を掛け、

俺「すいません、
さっき駅で〇〇号室の〇〇さんと言う方と会いまして…
~と言った事情でお金をお貸ししたものですが…」

看護師『はい、〇〇号室の○○さんですね。
少々お待ちください』

暫く待っていると、
保留音は無く向こうの声が少し聞こえる。

やっぱりすぐ言えば良かったかな?
と思いつつ聞いていると、
揉めている様な声が聞こえ、
別の看護師が出た。

看護師『○○号室の○○さんですか?』

俺「はい、ご本人はそう仰ってましたけど…
(寸借詐欺とかだったのかな?)」

看護師『何時頃ですか?』

俺「10分位前ですが…
(やっぱりまずかったかな?)」

看護師『○○さんは今朝お亡くなりになりましたが…』

俺・看護師「………………」

俺「…あの…どういう事ですか?」

看護師『…ですから○○さんは今朝…
なので10分前に駅に居る事は…』

すると受話器の向こうから
何やら怒鳴っている様な声。

そして年配の看護師の声で、

『申し訳御座いませんが、
○○さんは今朝退院なされましたので、
こちらにご連絡頂いても困ります』

俺「あっ、あのお金を返して欲しいとかじゃ無くて、
黙って出て来たと仰って居たので、
病院の方で心配してるといけないと思い
ご連絡差し上げただけなので…
退院したなら…いいんです…」

看護師『…はい…ご退院なされました…
あの…わざわざご連絡頂きありがとうございました』

俺「いえ…では失礼致します…」

と電話を切った…

寸借詐欺などの人が
たまたま身分を偽る為に使った人が亡くなった方だったのか、
ご本人だったのかは不明だが、
上棟式に行けていたらいいなぁ…と思った。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4071-d9a42f14