FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】謎の第六感?

【じわ怖】謎の第六感?

スポンサーリンク



社会人なりたての頃、
謎の第六感?が働いた話。

会社まで自転車で通勤してたんだが、
当時はまだ自転車に乗ってる時の交通法が曖昧だったので、
イヤホンで大音量で音楽を聴きながら通勤していた。

当然、周りの音は一切聞こえない状態。

ある日、会社の帰りに信号待ちをしていた時、
俺は歩行者信号しか見ておらず、
周りは一切気にしてなかった。

で、いざ青に変わったので走り出そうとしたその時、
なぜか

「あ、これ行ったらダメだ」

と思い、
その場で止まってしまった。

その瞬間、
少し前に出ていた前輪ギリギリのところを、
信号無視した大型トラックが猛スピードで駆け抜けていった。

たぶんあのまま進んでたら
確実にヤバかったと思う。

ただ妙な事はそれで終わらなくて、
それ以来、なんか俺の周囲の状況が、
微妙に俺の記憶と食い違うことが多くなってきた。

例えば家族との昔の記憶について、
小さいころ俺が某観光地で
迷子になったって話を家族がしていた。

俺はそんな記憶はない。

ただ、迷子になりかけた記憶はある。

が、家族は「なりかけた」ではなく、
がっつり迷子になったと記憶してる。

他にも従兄弟の恋人について、
たしか従兄弟には結婚間近の恋人がいたはずなんだが、
いつの間にか別れてた。

わけを聞くと、
大喧嘩して別れたと言うが、
俺の記憶では、喧嘩したのは知っているが
運よく仲直りできたはずだった。

だが、仲直りはできず
そのまま別れたと本人は言っていた。

こんな感じで、
なんか過去の出来事が
俺の記憶と微妙に違うことになっている。

なんか違うルートの平行世界に来たみたいで気味が悪い。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/4019-0a554c15