FC2ブログ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話まとめ

【じわ怖】じわじわ来る怖い話をまとめました!サラッと読めるものの実際起こってしまいそう、後味が悪い、人間が怖い。ふとした瞬間に思い出してしまい、じわじわと来る感覚をお楽しみください。

ホーム > じわじわ来る怖い話 > 【じわ怖】某あざらし

【じわ怖】某あざらし

スポンサーリンク



小2の時、家族で親戚宅に泊まりに行こうという事になった。

当時、私は30cmくらいの某あざらしのぬいぐるみがお気に入りで、
死んだ祖父のくれた物だったこともあり、
どこへ行くにも連れて行っていた。

その日も某あざらしを連れて行こうとリュックにしまっていた。

親戚宅へ車で移動している時、
暇だったのでいつの間にか寝てしまった。

その時変な夢を見た。

夢の中で親戚宅にいた私のところに、
よちよちと某あざらしが寄って来た。

そして、死んだ祖父と同じ訛りで

「今すぐおうち帰ろう」

と言う。

顔を上げると、
叔父さんがたばこを吸っていた。

それがなぜだかすごく嫌な感じがして、
私はあざらしを抱いて外に飛び出した。

すると親戚宅がいきなり燃え始め、
最後に爆発してしまった。

そこで目が覚め、怖くなった私は

「家に帰りたい」

と泣きながら家族にお願いして、
お泊まりを中止させた。

その夜、
親戚宅が火事で全焼し、
一家全員大火傷した。

出火原因は、
叔父さんの寝煙草だった。

偶然だと思うけど、
あの時某あざらしが教えてくれなかったら、
私たち家族も巻き込まれていたのかもしれない。


関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿





この記事のトラックバックURL
https://jiwakowa.biz/tb.php/3913-6414c449